【番外編】シン・ゴジラは「ガラパゴス映画」なのか

9
日本で大ヒットを記録中の映画「シン・ゴジラ」は、海外展開先の香港や台湾などの国々では、どのように受け入れられているのだろうか?NewsPicks東アジア特約コレスポンデントの野嶋剛がレポートする。

(※この記事は映画「シン・ゴジラ」の内容に関する描写を、一部含んでいます)。
空前の国際的展開の規模
映画「シン・ゴジラ」を最初に観たのは、横浜のランドマークタワーのそばにある映画館だった。
あまりの面白さに興奮してその日の夜は眠れなくなり、フェイスブックで友人と「シン・ゴジラ」の素晴らしさについてひとしきり語り合った。そこで友人が漏らしたこんな一言が、やけに心に引っかかった。
「でも、日本人以外が見たら、どう思うのかな」
そう。いったい、日本人がここまで熱狂したこの作品を、外国の人たちはどう思うのだろうか。
3
東宝宣伝部によると、「シン・ゴジラ」は世界103の国・地域で公開が予定されている。空前の国際的展開の規模であることは間違いない。
そのなかで皮切りとなったのがアジアだった。
現在のところ、台湾で8月12日に上映が始まったほか、シンガポールでは8月16日、フィリピンで8月24日、香港で8月25日、そして、タイでも9月8日に、それぞれ上映が決まっている。
いちばん最初に上映された台湾の友人にメールで聞いてみた。
「もうとっくに終わってるよ」という予想外の返事が戻ってきた。正確な統計は出ていないが、どうも10日間ほどで客が入らずに打ち切りになった、らしい。
ちょうど香港で立法会の選挙があり、香港に滞在した先週、取材の合間を縫って、「シン・ゴジラ」をやっている映画館を訪れた。
香港で若者が多い町として知られる旺角の一角にある「ブロードウェイ」という映画館に行った。上映は午前中の11時からだった。この日の上映はこの回だけだった。入場料は朝の割引で60香港ドル(約800円)。
チャイナマネーの流入で何でも高騰した香港では、映画もそれほど安くない。
「シン」=「真」なのか
中国語で「シン・ゴジラ」は「真・哥斯拉」と訳されている。日本では「シン・ゴジラ」の「シン」は、新なのか真なのか、あるいはほかの文字なのか、ある種、ナゾにされていたようだが、本当は「真」だったのか。
9
香港の映画館に飾られた「シン・ゴジラ」の中国語版のポスター。「史上最大のゴジラが登場。壊滅の危機に瀕する日本」と書かれていた。野嶋撮影
東宝宣伝部に尋ねると、「あくまでも漢字にするときに便宜的につけたもので、シン=真であるということではありません。英語でも『SHIN』となる予定で、シンの意味が明かされないのは変わっていません」とのことだった。
さて、映画館は100人ぐらいの小さなシアターで、観客は5人しかいなかった。香港人たちの反応を見てみようと最後列に座った。
中国語の字幕をチェックしてみた。何カ所かいい加減に訳しているところはあった。しかし、これだけセリフが多く、複雑な概念や用語を扱っているものをそれなりにしっかりと訳していたので合格点だと言える。
映画のなかで、唯一、香港人が笑ったところが、臨時首相があまりに忙しくて「ラーメン、のびちゃったよ」と、ため息をつくところだ。
日本人はあまり笑わなかったような気がするが、香港人のツボにはまったらしい。やはり麺文化の生みの親の中華文明だから、だろうか。このほかは「少しにおいます」など、日本で笑いを取っていたところに対するリアクションはゼロだった。
私は、自宅のそばの北品川で京急の列車がビューンと吹っ飛ぶところで爆笑してしまったので、逆に振り向かれて驚かれてしまったほどだった。
香港は、映画の興行成績がリアルタイムで公表されている素晴らしい映画情報の透明化がされているところなのだが、私が香港にいる間にゴジラの人気がみるみる落ちてしまっていたことが分かった。
これは公開直後は6000人を超えていたが、8月28日から9月2日にかけての観客動員数では、公開7日後には1日1000人を割っている。(3日の部分はデータなし)
6
対照的に超人気を集めていたのが韓国のゾンビ列車映画。まだ日本では公開されていないが、もともとゾンビものでは「キョンシー」以来の伝統がある香港人だけに、その琴線に触れたのかもしれない。
トップを独走して韓国映画としては香港で過去最高の興行記録を打ち立てている最中だっただけに、「シン・ゴジラ」の低調ぶりがさらに際立っている印象を与えるものとなった。

日本社会が恐れているものの象徴
私なりに何となく「シン・ゴジラ」が香港で受けない理由に思い当たるところはあったが、とりあえず、ラジオでも番組を持っており、著名な評論家で、香港中文大学で教えている健吾さん(36)に映画の感想を聞いた。
日本留学経験もあり、日本文化の評論でも活躍している健吾さんはこう話した。
子供の頃、先生からゴジラについて、あれは日本社会が恐れているものの象徴だ、というような話をされたことを覚えています。

つまり、核兵器とか、環境破壊を、日本人は恐れているんだということだったと思います。ですから、私はそんな前提でこの映画を見ました。

確かに、この映画も、日常が突然、訳の分からない形で壊されてしまうのを描いているようで、日本人はなにか、突然の不幸に見舞われることへの恐怖心があるかもしれませんね。
健吾さんは、さらにこう述べた。

私が面白かったのは、日本社会の集団主義が、この映画のなかでしっかりと表現されていることです。仲間が一致して問題解決に向かって戦っていく姿は、日本では最も歓迎されるストーリーです。
一人のヒーローがすべてを解決することを好むことが多い香港映画にはあまり見られません。政治的なモラルについて、主人公たちが語っているところがありますが、あれは香港人は理解できません。なぜなら、香港では国と民衆のために命をかけて責任を取ろうという政治家を見たことがないからです。
一緒に見に行った私の友人は最後の「この国はまだまだやれる」というセリフを聞きながら、何いってんだみたいな感じで、薄笑いを浮かべていました。

もちろん、香港人にはゴジラに共同記憶がないので、そもそもゴジラとは何かということを多くの若者は知りません。
ですから、映画館に足を運ぶ動機が少なかったということもあります。また、「シン・ゴジラ」に多くのスターが出ていることも話題になっていましたが、香港人が知っているような俳優は多くないので、そこもポイントになりません。
そうした要素が重なって、チケットボックスは伸びていないのだと思います。
なるほど。香港で人気が出なかった理由の一端が分かったような気がした。
香港の新聞をめくっていると、映画評の大半が韓国のゾンビ映画だったのだが、1編だけ、「シン・ゴジラ」を取り上げたものを見つけた。

そこでは、日本の政治が米国の介入を無批判に受け入れていることに疑問を呈して、「米国の属国であることに疑問を持たない日本人の弱さを感じた」と書かれていた。確かにその点は私も気になっていたところだった。
米国主導の国際社会が日本に核を落とそうとする。それをやむを得ないこととして日本政治の中枢はいったんは受け入れてしまう。しかし、東京に核を落とすことには、何があっても抵抗するのが本当のナショナリズムなのではないか。
日本では、しばしばナショナリズムが「米国」という例外を無条件でスルーしてしまうところがある。それは日本社会では合理的な現実かもしれないが、日本以外に暮らす人々にとっては、そんな戦後日本の論理は理解しがたいのだろう。
日本人が作った日本人のための映画か

台湾の映画情報の掲示板の書き込みもさらってみた。多かったのが「ゴジラの登場時間が少ない」だった。「ゴジラを見に行ったのに、日本人の大人の会議ばかり見せられた」というコメントもあった。
今回の「シン・ゴジラ」が受けた理由の一つが、ゴジラそのものの破壊ぶりよりも、異常事態に直面した日本社会の大人たちが、ダメさ加減をさらしながらも、団結し、立ち向かっていくところだったが、そんなカタルシスは日本社会の膠着した普段の雰囲気を知らないアジアの人には分からないかもしれない。

日本映画で抜群のヒットとなった作品といえば、宮崎駿監督のアニメ「千と千尋の神隠し」を思い起こす。この作品はアジアでも記録的なヒットとなった。アカデミー賞でも評価された。
つまり、「千と千尋の神隠し」には、異なる規範と環境のなかで生きている国際社会の人々にも理解され得る普遍性があったのだ。

しかし、「シン・ゴジラ」はいまの日本人が作り得る最高級のエンターテインメントなのかもしれないが、あくまで日本人が作った日本人のための映画であり、世界に通じる普遍性はそこまで濃くないのかもしれない。
つまり、日本社会にのみ通用するガラケーならぬ「ガラパゴス映画」、なのだろうか。
北米公開は10月に決まっている。そこで「シン・ゴジラ」の提示するテーマが世界の人々にも届くものであるかの最終的な決着がつく。
日本人だけに愛される映画であることは決して作品の価値を損なうものではない。
しかし、その作品に熱狂するにあたって、自分たちの反応が、他者にどう見えて、どこまで共感され得るのかを知ることは、決して無駄ではないと思う。


 引用元:https://newspicks.com/news/1765260/body/
シン・ゴジラとは(Wikipedia)

18151cf0

『シン・ゴジラ』(英題: GODZILLA Resurgence[1])は、2016年(平成28年)7月29日に公開予定の日本映画で、ゴジラシリーズの第29作である。『ゴジラ FINAL WARS』以来約12年ぶりの日本製作のゴジラシリーズとなる。総監督・脚本は庵野秀明、監督・特技監督は樋口真嗣、主演は長谷川博己。

2014年12月8日、同年公開の『GODZILLA ゴジラ』の世界的な大ヒットを受け、国産ゴジラの復活が発表された[3]。

2015年4月1日、総監督・脚本に庵野秀明、監督・特技監督に樋口真嗣が起用されたことが発表された。庵野と樋口がタッグを組んだ短編映画『巨神兵東京に現わる 劇場版』が、彼らの起用の決め手になったという。当初、庵野は自身が総監督を務めるアニメ映画作品『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』も控えていたうえ、その前作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の制作後から精神的に不安定な状況におちいっていたために一度は断ったが、東宝の誠意と樋口の説得を受けて「一度きりの挑戦」として承諾した[4]。
シン・ゴジラ
監督庵野秀明(総監督)
樋口真嗣(監督・特技監督)
脚本庵野秀明
出演者長谷川博己
石原さとみ
竹野内豊
音楽鷺巣詩郎
配給東宝
公開2016年7月29日
製作国日本の旗 日本
言語日本語
前作ゴジラ FINAL WARS


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B4%E3%82%B8%E3%83%A9
関連記事
【画像】ファンが書いたゴジラシリーズのネタバレあらすじが面白い

【炎上】女性漫画家の藤島じゅん(huji_jun)がtwitterでシン・ゴジラについての感想を漫画に書いてアップ→楽しんでいる人を馬鹿にしていると批判殺到で謝罪【バカ女】

【予知・予言】twitter民・konnyakuが「虚淵玄脚本の新作アニメのゴジラ」「シン・ゴジラ」が作成されると2013年7月25日にツイート…とんでもないぞ

【画像】ファンがシン・ゴジラの形態変化によくある勘違いを図解…第二形態は蒲田くん、第三形態は品川くん、第四形態は鎌倉さんと呼ばれているのか

【感想】シン・ゴジラは公務員あるあるの連続らしいぞ

【動画】磯野貴理子がシン・ゴジラの感想を熱く語る「怪獣映画じゃなくて社会派映画。リアル」高評価過ぎワロタ

【シン・ゴジラ】ファンがシリーズで皇居が襲われないことを考察→どの怪獣映画でも四国が襲われないことをtwitter民が指摘する

【感想】シン・ゴジラがtwitterで大好評「邦画特有の御涙頂戴、家族愛や恋愛要素、テンポの悪さがない」【まとめ】
関連記事
【画像】ファンが書いたゴジラシリーズのネタバレあらすじが面白い

【炎上】女性漫画家の藤島じゅん(huji_jun)がtwitterでシン・ゴジラについての感想を漫画に書いてアップ→楽しんでいる人を馬鹿にしていると批判殺到で謝罪【バカ女】

【予知・予言】twitter民・konnyakuが「虚淵玄脚本の新作アニメのゴジラ」「シン・ゴジラ」が作成されると2013年7月25日にツイート…とんでもないぞ

【画像】ファンがシン・ゴジラの形態変化によくある勘違いを図解…第二形態は蒲田くん、第三形態は品川くん、第四形態は鎌倉さんと呼ばれているのか

【感想】シン・ゴジラは公務員あるあるの連続らしいぞ

【動画】磯野貴理子がシン・ゴジラの感想を熱く語る「怪獣映画じゃなくて社会派映画。リアル」高評価過ぎワロタ

【シン・ゴジラ】ファンがシリーズで皇居が襲われないことを考察→どの怪獣映画でも四国が襲われないことをtwitter民が指摘する

【感想】シン・ゴジラがtwitterで大好評「邦画特有の御涙頂戴、家族愛や恋愛要素、テンポの悪さがない」【まとめ】



以下、Twitter民の反応




シン・ゴジラ海外(の一部で)不評問題については、ユーモアも交えながら「おめーらこの面白さが解んないとかもったいねー!」ってノリがいちばん正しい対応のような気がしてきた。

めっっっちゃ面白かったけどでも海外だとシンゴジラ人気出ないのめっっっちゃわかるwww

海外の人が「シン・ゴジラ」を「G'16」って読んでるのかっこいい

そういや海外の人はシンゴジラの事を「すねゴジラ」と認識してしまうんだろうか。

シン・ゴジラのカタストロフはリアルによっているけどカタルシスの部分はドメスティックだから、海外ではスッキリしないよねと思うの。

まだ観てなくて良くも悪くも思い入れが無いからか、シン・ゴジラ海外で不評の報に対し、「それ見たことか、こんな日本人にしか受けないもん作って!」だとか逆に「これの面白さが分からないなんて!」とか騒いでいる双方が共に滑稽に見えてくる。

シンゴジは別に海外勢に向けて作ったゴジラじゃなくて現代の日本の作る純国産のゴジラだから海外で流行ろうと流行るまいと日本で賑わってればそれでいいや。

@micro_f39 正確には自分のテリトリーを守る感じでしょうか…。ゴジラの子供は友好的だった気がします!体でかいので、街は被害にあいますけど( ˇωˇ )日本の政治や軍、それに対する海外の動きなんかも描写されてましたからねー。凄く怖かった…逃げる人とかハラハラして見てました…

海外の人から見たゴジラは色々疑問点があるみたいでそういう意見見るの面白い
日本人と考えが違うってところがなんかいい

ゴジラの映画って海外ではあまりウケてないのか。まぁ、日本人じゃないと理解できない部分が多かったもんな……

@yoshiopiiya 日本ではシン・ゴジラの評価高いけど、海外ではコケてるらしいよ。

TLに「シン・ゴジラ」の海外での酷評云々が。自分の推してる映画が外国で評価されるのかって気になるんだろうけど、個人的には「輸出を強く意識してない日本人を第一顧客とした日本映画」なんだもん外国人に理解できなくたって当たり前じゃんって感想。日本人だって「オレはダメ」って人いるのに。

シン・ゴジラ海外の人の反応的なツイートを見て、ああ、こういう反応をした人たちは日本の映画を観る時でも自分の国の映画と同じようなテイストを期待しているのだなぁと思った(苦笑) 基本的に「何故xxなの」という疑問への答えが「日本の映画なので」で片付きそうなものが多い気がする。

海外の怪獣映画では代替できないゴジラ映画が誕生したということは、ゴジラが日本人のもとに戻ってきたのと同義さね。

実写の四月は君の嘘に高評価をつけてるレビューが、「海外でも悪評のシン・ゴジラをみたあと……」と外国頼りの出羽守で笑った。

シン・ゴジラを面白いと感じる為に観る側に必要なコンテクストが、日本人特有のものなんだから(アニミズムや記紀神話/自然災害との闘い・共存/核・放射能への複雑な思い/3.11や福1/政治や役所の縦割り仕事/東京の日常/歴代東宝特撮映画/エヴァetc)海外受けしないのは想定内でしょ…

@Rogue_Monk ゴジラも描かれてはいるんですがウェイトとしては日本の動きの描写が多い。政治家の動きも言ってしまえばおっさんが話し合ってるだけですし日本の政治の動きをリアルに近づけたらニッチ過ぎて海外受けと万人受けしにくくなっちゃった感じ…ですかね。
僕は大好きですが!!

ふと思ったけど海外的にシン・ゴジラに対して不満があるとしたら、怪獣プロレスが無いとかいうことよりも(その辺の事前情報はある程度伝わってそうだし)、シンゴジの恐ろしげなビジュアルに見合うような凄惨な描写が案外少ないという辺りにあるのではという気がした

シン・ゴジラもう海外展開したのか!AVGN兄貴のレビューが楽しみだ

シン・ゴジラが海外でウケないのは日本人あるあるが通用しないからなのもあるんだろうなぁ。「シン・ゴジラから見る日本人気質」みたいな引用を使った日本人特有の思考や言動の意味するところを解説した本があったらすごい分厚さになると思うし、その情報を予備知識として持ってる日本人だから楽しめた

シン・ゴジラ、日本人には社会現象と言われるまでにウケて、海外には今のところ全然ウケていないっていうの、感覚、文化、民族性とかやっぱり関係してるんだなって興味深い 今の時代にそういう映画がつくれるって逆に凄いと思う この世で面白いと思えるものが1つ多いのを日本人は得に思ってればいい

シン・ゴジラに対する海外からの日本かぶれだとかさっさと核兵器を撃てば全て解決するのにとかいう不満不評を見ると、改めて日本という国の特異さを実感させられる…

海外の人にとってのゴジラは「ゴジラ対○○」とか「ゴジラvs○○」のゴジラなのか

1.シン・ゴジラに対する海外観客の否定的反応があるらしい。例えば「ゴジラ来てるのに何故仕事してるの?」とか「熱核落としてから復興すれば?」とか。それに対して日本人側が「そういう国民性だから」と呟いている。個人的には、そうかなぁ?という疑問になっている。(続く) #シン・ゴジラ

へぇ〜。シン・ゴジラって海外じゃ不評なのか。まぁ、だろうねぇ。日本の政治家と高官がグダついて現場で専門家あつめて対処に追われてる姿観てたってねぇ。

ゴジラのレビューだなんだってひたすらまわってくるけどアメリカ公開して大爆死したらおちつくじゃろい。海外で売れると思ってつくってねーだろうし。面白いから!派といや面白くないね派がむだにバトっててどんどん空気わるくなってて笑える

海外アカウントが揃ってゴジラネタでハッスルしておる

アフィブログとかTogetterのまとめでシン・ゴジラ海外で爆死とか酷評とか流れて来るんですが、そもそも日本映画って日本以外でどの程度認知され、鑑賞されているんだろうか。
ゴジラの興収が悪いってことは、逆に海外でもっと売れてる日本映画が割りとあるってことでしょ?

シンゴジラふつうにエヴァ序やなって感じたので海外受け悪いのも納得

だから海外受けしなくてもシン・ゴジラはあれでいいのだよ。もとより庵野もそんなもん意識せず作ってるだろうし。

…つか大衆に売れるものが必ずしも最善なものじゃないよね?と最近つとに思う。
勿論皆に支持されるのは大事だろうがそれが必ずしも「良い」ものなのか疑問。

シンゴジラは海外じゃウケんだろ
蛮族共に良さはわからん

ゴジラの破壊行動も日本では「災害」のくくりなんだよなあ。海外の感覚だと多分「未知の生物の侵略」とか「攻撃」とかになるから「核で排除」って選択肢になるんだろうけど、日本だと「災害」だからそこに核を使うのは…ていう感覚もあるような気がする

海外アニメ映画、輸出先によって脇役をその国出身に入れ替えたりしてローカル対応してる。シン・ゴジラもそうしたらどうなっていただろうか?ホワイトハウスバージョン作って「なにぃ!また首相が替わっただと!」「核発射、一応通告だけしておけ」「無人偵察機を出せ。領空?日本だぞ構わんよ」とかな

シン・ゴジラの海外での反応には首肯するけど、リプつけてるのにロクでもない奴がいて困ります。是非はさておき、この国で合意形成するのがいかに難しいかがわかってない。反対者は射殺すればいいと言ってる奴は、いますぐ公共事業で用地買収やってみたまえ😾

ゴジラの海外展開がとやかく言われているが、日本のクリエイターとしては当然、「まず日本で」のヒットを考えるよね。その意味では「シン・ゴジラ」は日本で大ヒットしたのだから、文句はない。クリエイターはそれでいいと思う。しかし会社やプロデューサーは、本当はそれだけではいけない。

小津安二郎作品の時にも言われてましたね。>日本人にしか理解できない
『シン・ゴジラ』は売れるか売れないかより、本当にどういうリアクションが海外から来るかは楽しみなんですけどね。やはり日本人なのでどうしても相対化しきれないところがあるので。

@Genbu108 @bionzx 中国はともかくロシアがゴジラ騒ぎに乗じて動くことはまず考えられません。北方領土以外の点では親日的な国(特に国民)ですよ。海外上映して余計に敵を作るだけじゃないですかw

「シンゴジラ海外で酷評!」って、
「2人逃げ遅れたくらいで攻撃を中止」したのが酷評してんの?

じゃあ日本人的にはアイアンマンとかデッドプールとか一般人の被害的にありえないじゃん。でも「アメリカだ」とか「まぁフィクションだし」って笑ってハラハラ見るわけじゃん。そういうのないの?

「シン・ゴジラ」の一部海外での興業が振るわず、批評によると作品が理解されない結果が見られるようだが、つまりそれだけ日本人の心性に強く沿った作りになっているという事なのだろう。(だからこその国内大ヒットである)
ここでいう日本人の心性とは何か?は置いとくが、この作品に限らず、多くの

シンゴジラが海外で受けてないのならここはやはり初代リスペクトとして、ハリウッド監督の元で追加撮影や再編集やらせて日本国外版を作ればいいのでは(できた代物は日本人からはコレジャナイと酷評されそうですけど)

シンゴジラが海外で不評的な話、「台湾では既に打ち切りになった”らしい”」「このくらいしか入らなかった”らしい”」「○○ではこういう所が不評”らしい”」とほとんど二次情報で、ようやっと「知人のタイ人が」って一応ソース不明じゃないところからそういう話が出てきたくらいな感じ。

海外の人にもシン・ゴジラの背景、ちゃんと伝わってた。気持ちは伝わる、て、BoAちゃんもうとおてたな。

『シン・ゴジラ』が海外で不評云々というのは、他の大半の邦画と違って海外の目にさらされるというのが無意識の前提になってるって話だよね。

海外ではシン・ゴジラあまり評価高くないらしいな。
まぁゴジラ出てきてもさっさと自衛隊出動させないあのじれったさ。海外ならすぐ出動、すぐ攻撃。日本人はなにか有るとデモ、批判ばだかやしな。日本政府の日本人のアホみたいな慎重さに呆れたんだろう。

シンゴジラはof日本人by日本人for日本人感がすごいので海外評価は日本の事情知り具合でだいぶ変わりそうだしそこは仕方ないとこある

@hajimu_00 海外だとホント核爆弾って強い爆弾くらいのイメージですし
そこまで追い詰められる前にポップな音楽と共にゴジラが倒される

海外では『シン・ゴジラ』が全然受けてないと言う事を聞いたが、それならこう言う編集はどうか?とふと思った。タイトルは勿論『怪獣王シン・ゴジラ』 #怪獣王シンゴジラ

シンゴジラ観たいって言ってたら妹が付き合ってくれた。へへへ。
終始ニヤニヤしながら観てたけど、海外で人気ないのもめちゃくちゃうなづける作品でした。

よく海外の映画で、◯◯万人動員、社会現象に!みたいな惹句で広告が出ることがあるが、何を大袈裟な、と思っていた。『シン・ゴジラ』も海外ではたぶんそう紹介されて、何を大袈裟な、って思われるんだろうな。

シン・ゴジラは日本あるある映画だから、そりゃ海外で受けるはずない。
在日外国人の、しかも3.11の時に日本にいた人なんかは分かるだろあね。

シンゴジラ海外不評の話題。日本のローカルネタ満載だからそりゃそうだろう。海外で儲けなきゃいけない話も分かるがなんかお門違いな気がする。