e31cbc11-s
映画:週末興行成績ランキング(2016年9月20日付)

story_scene
順位先週タイトル公開日公開週
1位1even  1君の名は。君の名は。8月26日4
2位2new映画「聲の形」映画「聲の形」9月17日1
3位3new怒り怒り9月17日1
4down  2スーサイド・スクワッドスーサイド・スクワッド9月10日2
5down  3四月は君の嘘四月は君の嘘9月10日2
6down  5シン・ゴジラシン・ゴジラ7月29日8
7down  4超高速!参勤交代 リターンズ超高速!参勤交代 リターンズ9月10日2
8newBFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアントBFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント9月17日1
9down  6ペットペット8月11日6
10down  7キング・オブ・エジプトキング・オブ・エジプト9月9日2
シルバーウィークに突入したこの週末、『君の名は。』(東宝)が、土日2日間で動員80万人、興収10億7600万円と、全く衰えを見せない成績で4週連続1位を獲得。累計では9月19日までに早くも動員690万人、興収91億円を突破した。
「週刊少年マガジン」に連載され、数々の賞に輝いた大今良時の原作漫画をアニメ化した『映画 聲の形』(松竹)が土日2日間で動員20万人、興収2億8300万円と健闘し、2位に初登場。主人公・将也の声を入野自由が演じている他、早見沙織、悠木碧、小野賢章らが共演し、将也の小学生時代を女優の松岡茉優が担当している。監督はTVアニメ「けいおん!」で初監督を務め、「たまこラブストーリー」で文化庁メディア芸術祭アニメーション部門新人賞を受賞した京都アニメーション所属の山田尚子。
「悪人」に続き李相日監督が吉田修一による原作を映画化した『怒り』(東宝)が動員17万人、興収2億3300万円をあげ3位にランクイン。八王子で夫婦殺害事件が起き、現場の壁面には“怒”と書かれた血文字が残されるが、犯人は逃走。1年後、東京、千葉、沖縄に素性のわからない3人の男が出現する。出演は渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、宮﨑あおい、妻夫木聡。
スティーヴン・スピルバーグ監督がロアルド・ダールの児童文学を映画化した『BFG: ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』(ディズニー)は8位にランクイン。心優しい巨人と孤独な少女の友情と冒険を描いたファンタジーで、BFGをマーク・ライランスが演じ、ルビー・バーンヒル、ペネロープ・ウィルトン、レベッカ・ホールらが共演。
提供:興行通信社


 引用元:http://entertainment.rakuten.co.jp/movie/ranking/boxoffice/
聲の形とは(Wikipedia)

va1PyyG2

『聲の形』(こえのかたち、英題:A Silent Voice)は、大今良時による漫画。最初の作品が45Pで『別冊少年マガジン』2011年2月号に、リメイクされた作品が61Pで『週刊少年マガジン』2013年12号に掲載された[5]。『週刊少年マガジン』にて2013年36・37合併号から2014年51号まで連載[6][7]。単行本は全7巻。

2015年版『このマンガがすごい!』オトコ編で第1位[2]、『マンガ大賞2015』で第3位[3]を獲得した。第19回手塚治虫文化賞新生賞受賞作[4]。

京都アニメーション制作・山田尚子監督によりアニメーション映画化され、2016年9月17日に公開予定[8]。

聴覚の障害によっていじめ(嫌がらせ)を受けるようになった少女・硝子と、彼女のいじめの中心人物となったのが原因で周囲に切り捨てられ孤独になっていく少年・将也の2人の触れ合いを中心に展開し、人間の持つ孤独や絶望、純愛などが描かれる。物語は2人が小学校時代における出会いの回想から始まる事になる。舞台となる地名は架空のものが用いられるが、作中に描かれる風景は主に岐阜県大垣市をモデルとしている[9][10]。
聲の形
ジャンル社会派学園漫画
少年漫画
漫画:オリジナル版
作者大今良時
出版社講談社
掲載誌別冊少年マガジン
発表期間2011年2月号
漫画:リメイク版
作者大今良時
出版社講談社
掲載誌週刊少年マガジン
発表期間2013年12号
漫画:週刊連載版
作者大今良時
出版社講談社
掲載誌週刊少年マガジン
レーベル講談社コミックスマガジン
発表期間2013年36号・37合併号 - 2014年51号
巻数全7巻
その他2014年度「コミックナタリー大賞」第1位[1]
このマンガがすごい!2015」オトコ編第1位[2]
マンガ大賞2015 」3位[3]
第19回手塚治虫文化賞新生賞[4]
映画:聲の形
監督山田尚子
制作京都アニメーション
封切日2016年9月17日予定
上映時間129分(予定)
その他映画参照


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%B2%E3%81%AE%E5%BD%A2
君の名は。とは(Wikipedia)

20160827155441

『君の名は。』(きみのなは、英題: your name.)は、新海誠監督の日本のアニメーション映画作品。2016年8月26日公開[3]。

『言の葉の庭』に続く、新海の3年ぶりとなる第7作目の監督作品である。

新海のオリジナル作品としては初めて製作委員会方式を取り、全国300館近くで上映される大規模作品となった。
2015年12月10日にYouTube上に特報動画が公開され、2016年8月の公開と、主演に神木隆之介、上白石萌音が起用されることが発表された[4]。 翌年4月5日には予告編が公開され、音楽をRADWIMPSが製作することが公開され、公開日は8月26日と発表された[5]。

6月18日には『小説・君の名は。』が発売。原作小説の方が先に発売されるのは新海作品としては初めて。公開前までに既に50万部近くを売り上げている。

7月3日には米・ロサンゼルスで開催されたAnime Expo 2016でワールドプレミアを果たした[6]。日本国内でも、7月7日にTOHOシネマズ 六本木ヒルズにて完成披露試写会が行われ、新海監督他出演者が七夕に因んで浴衣姿で登壇した[7]。
新海は、3.11で感じたことを本作の物語に込めたと語っている[8]。
君の名は。
your name.
監督新海誠
脚本新海誠
原作新海誠
製作川村元気
武井克弘
伊藤耕一郎
製作総指揮古澤佳寛
出演者神木隆之介
上白石萌音
長澤まさみ
市原悦子
音楽RADWIMPS[1]
主題歌RADWIMPS[2]
「前前前世」
「スパークル」
「夢灯籠」
「なんでもないや」
編集新海誠
制作会社コミックス・ウェーブ・フィルム
製作会社「君の名は。」製作委員会
配給日本の旗 東宝
公開日本の旗 2016年8月26日
上映時間107分
製作国日本の旗 日本
言語日本語


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%9B%E3%81%AE%E5%90%8D%E3%81%AF%E3%80%82
怒り (小説)とは(Wikipedia)

ced63803a46b70afa76d32dee1307ad4

『怒り』(いかり)は、吉田修一の小説である。上・下編の二部構成で中央公論新社から同日発売された。
2016年9月に監督李相日、主演渡辺謙で映画化される予定。

『怒り』(いかり)は、李相日監督・脚本、主演・渡辺謙で2016年9月17日に公開予定の日本映画。李監督が吉田修一の作品を映画化するのは、興行収入19億円超のヒット作となった『悪人』に続き2度目。『許されざる者』以来のタッグとなる主演の渡辺謙をはじめ、『悪人』で主演を務めた妻夫木聡や三浦貴大などが出演しているが、松山ケンイチ、宮崎あおいやオーディションで選ばれた広瀬すず、新人の佐久本宝など李組初参加の俳優が多いキャスティングになっている[要出典]。
第41回トロント国際映画祭スペシャルプレゼンテーション部門、第64回サンセバスチャン国際映画祭コンペティション部門出品作品[1]。

キャスト
槙 洋平 - 渡辺謙
田中 信吾 - 森山未來
田代 哲也 - 松山ケンイチ
大西 直人 - 綾野剛
小宮山 泉 - 広瀬すず
知念 辰也 - 佐久本宝
南条邦久 - ピエール瀧
北見 壮介 - 三浦貴大
薫 - 高畑充希
藤田 貴子 - 原日出子
明日香 - 池脇千鶴
槙 愛子 - 宮崎あおい
藤田 優馬 - 妻夫木聡
スタッフ[編集]
原作 - 吉田修一「怒り」(中央公論新社刊)
監督・脚本 - 李相日
音楽 - 坂本龍一[2]
主題曲 - 坂本龍一 feat.2CELLOS[2]
製作 - 市川南
共同製作 - 中村理一郎、弓矢政法、川村龍夫、髙橋誠、松田陽三、吉村治、吉川英作、水野道訓、荒波修、井戸義郎
エグゼクティブ・プロデューサー - 山内章弘
企画・プロデュース - 川村元気
プロデューサー - 臼井真之介
ラインプロデューサー - 鈴木嘉弘
プロダクション統括 - 佐藤毅
撮影 - 笠松則通
照明 - 中村裕樹
録音 - 白取貢
美術 - 都築雄二、坂原文子
編集 - 今井剛
衣装デザイン - 小川久美子
ヘアメイク - 豊川京子
サウンドエフェクト - 北田雅也
スクリプター - 杉本友美
キャスティング - 田端利江
助監督 - 竹田正明
音楽プロデューサー - 杉田寿宏
配給 - 東宝
製作プロダクション - 東宝映画
制作協力 - ドラゴンフライ
製作 - 「怒り」製作委員会
怒り
著者吉田修一
発行日2014年1月25日
発行元中央公論新社
日本の旗 日本
言語日本語
形態四六判上製カバー装
ページ数 284
 260


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%80%92%E3%82%8A_(%E5%B0%8F%E8%AA%AC)



以下、Twitter民の反応




『怒り』
今のところ今年度の邦画実写No.1(個人的)。
こんなに役者の持つ力強さ・圧を感じた映画は初めてかもしれない…あっという間に感情が作品に入り込んで、東京編のラストから涙。そのまま信じられないような早さ(個人的体感)で流れていくエンドクレジットを放心しながら観てた

@uemasa1226
絶望したので実写映画観客動員数No.1の怒り見てきました()

怒りが実写映画No. 1って広告出して「君の名は」に負けてこんな広告出すとかダッサwwとか言われてるらしいけど実際実写映画映画No. 1なんだよなにがダセーんだよアア!?鑑賞してから言え

怒りが君の名は。と聲の形に惨敗して「実写映画No.1作品」と紹介されてたのは笑ったw

怒りに限らずいつかのHEROもガルパンだかなんだかに負けてたから実写映画No.1使ってたような

怒りが「実写映画観客動員数No.1!」って卑屈なことしてるっていうけども、普通にヒットしてるんじゃアレ

深夜アニメと有名俳優、人気アーティストを使って広告も大量に出した作品を比べる理由がわからん
ただし、実写映画人気No.1とかほざいてる怒りとかいうカス邦画()はしね

もうこういうみっともないのやめなさいよ>「怒り 実写映画観客動員No.1」

行きたい映画多すぎる…!!!

五十鈴ちゃんの感想見て、元々めっちゃ興味あった『怒り』が更に観たくなった!!!

昨日観た映画の感想。『怒り』。オールスターキャスティングで公開規模が大きい邦画にしては攻めてる描写が多め(ちゃんと細部はぼかしてるけど)。主要キャストの演技を見てるだけでも僕的には全然飽きない良い作品でした。同じ監督の「悪人」よりは好き。

TLで映画「怒り」についての感想を見かけると、
うーん。観たほうがいいのかなあ…
という気になるが、
ボーイズラブ(←遠まわしな表現をしております)的なシーンがあるという噂を耳にして、
うーん。私はそれは苦手だなあ…
という気にもなってる件。

けっこう見かける感想とは私は違っていて戸惑いました😰 とにかく感じたのは、怒り、というタイトル。これはどこに、どう向かっていたり、表現したりしたタイトルだったか。それぞれの人物でそれぞれの怒りがあったとは思うけど、さて……という。討論したい感じの作品でした^^

あとそうですね、格闘技というか護身術はやっておいたほうがいいですね。女性は特に。助けが見込めない時如何に回避して身を守るか、それが課題(怒りの感想)

最近 怒り観た人増えて感想とかうんうんてなるけど、私は沖縄の方があ〜てなる…すずちゃん…てなる

綾野剛!!!!!ああ!!綾野剛!!!!!!!!!!!!お前ってやつは!!!!!ってなりっぱなし(怒りの感想)

怒りの感想が100点満点中120点だったり1000点だったりしてとても気になる...見に行きたい、、、、時間が足りない、、

私みたいなぺーぺーが怒りの感想をうまく言葉に出来るわけないんですけど、強いて言うなら口で開ける妻夫木最高

イスンタの方で怒りの感想書いたー_(:3」∠)_

なんでだ…シンゴジ・怒り・ハドソン川は感想流れてくるほど見たくなったor見たくなってくるのに君の名はは感想見るほど見たさが薄れていく…

『怒り』みたけど、感想の言葉が見つからないや。
ただ、この映画もう観たくないかな。
一回で十分。
作品としてはいいと思うけど、辛すぎる

怒りの感想見てにやにやしてる自分を早く卒業したいけど、万一見に行けたとしたら数日内容の重さが抱え込めずに死んでる未来が見えてるから怖い

んおおお怒り見たいよおおお!
ネタバレ?っていうか感想見る度に「うわ大好物なやつだ!」ってなるからあー!
ベッドシーン目当てじゃなくて普通にシナリオがどストライク

@mirror0630 私も「怒り」気になってるんだよね~観たいけど今はそれどころじゃないからもし観たら感想聞かせて!

今まで怒りを見たフォロワーさんの感想と比べて私の感想は大分ズレてる感じがするので、ここで多くは語りません。
事前情報があったとはいえそこまで沈んでもないし、あまりネタバレも本意ではないのでベッターにでも書きなぐるかな。

今日は「怒り」見てきましたー
感想としては
・いいほもです
・沖縄しんどい
・あおいちゃん可愛い幸せになれよ……
です。

@imabo_planet 「怒り」の感想会とな…!planetログイン出来なくなってたので、また入れるようにサポート入力メールしました🙂参加できますように…👼

弟がどうやら「怒り」を観たそうだ…感想が楽しみである(彼はお気に入りのベルトをしていたため母と私は、もしやデート?と予想)

怒りほんといろんな人に観てほしいけど絶対観る人選ぶな~~って感想

おばさんからLINEで映画怒りのガチめな感想評価だけがつらつらっと送られてきたので私の中では完結していたあの映画への評価をまた頭の隅っこから引っ張り出してきて送り返した疲れた

原作吉田修一X監督・脚本李相日
「怒り」観ました!
感想の第一声は「悔しい!」です
今回の映画に妻夫木聡と綾野剛のエピあるのですが、やられました!
腐歴40年…結構な数のBL系を読み観てきましたが、今現在の腐心どストライクの描写でした!
映画自体が心鷲掴みの話で久々に泣いたよ!

つづき それぞれの怒りにそれぞれ理解出来る点があって、形の違う怒りに数々触れている内に、自分の内面を掻き混ぜられて胸やけ。感情も混乱してるので考えたくないまま2日置いて感想が浮上してきた。

怒りみた人で感想言い合ったりモダモダしあう怒りオフしたい

怒り観てきたけど語彙力なくて感想難しい。でもとりあえず、綾野剛の今回の受け身な役久しぶりで好き、、、

怒りは、一緒に見た子に感想を聞かれて「広瀬すずが女優だった」と答えたら「キモ」と即答されました。なぜ。

実際怒り見た感想なんだけど、びーえるおせっせシーンがな、めっちゃ良かったんや………妻夫木聡スパダリすぎてああああ……ってなった

なんだこれ。ドチャクソに掻き回されて終わった。感想が書けない。題名にもなってる「怒り」は広瀬すずの心情?森山未來は謎。駄目だ、全然分からない。皆のレビュー観てこよ。#怒り

『怒り』読了。
うん、面白い。何様気取りと思われても仕方ない言い方ではありますが、ウマイ!と膝を打つあの感じ。映画のレポを見ると迫力と衝撃がすさまじいとの感想が散見されますが、小説は陽でじわじわ溶けた雪庇がどっと落ちるような……個人的にそんな印象を抱いたラストでした。


アロエさんと怒りの感想トークなどしつつしゃぶしゃぶ

「怒り」みた感想
序盤から○モ
愛おしい○モ
松山ケンイチ………
綾野剛の可愛さ
○モ
広瀬すずの演技力
アメリカ怖い
○モ
○モ
幸せになって欲しかった
○モ

昨日ですが、「怒り」観てきました!主筋はほぼ前情報入れずに行ったので、結構重めでびっくり^^;真逆泣くと思わなかった…
ネタバレになっちゃうので細かい事はさて置き、全体の感想としては、「面白かったー!」と言うより、「うーむ…凄かった…」でした。

怒りの○モシーンの感想ばっかでれいぷシーンがわたしの妄想な気がしてきたけどそういうシーンあったよね?

「怒り」怖かったです。
観てただけなのに疲れた。
でも今まで一番衝撃的な映画だった。
#映画怒り #感想

怒り観終えた。 人を信じる事の難しさ、裏切り、愛する人を信じられるか? 一緒に観た人との感想がほぼ同じだった。全てをわかった上でもう一度観たい。坂本龍一さんの音楽がまた切なく、ロケ地がとても綺麗で。今週はずっと千円で見れるのにカード更新切れ笑
#怒り

映画「怒り」感想続き。終盤で登場する高畑充希が神々しく見えたのは気のせいではないはず。見終わったらパンフのコメントも是非。

先週末は「ハドソン川の奇跡」と「怒り」をはしご。感想はもう少し煮詰まってから書く。

「怒り」の感想が湧いてきたのでぽつぽつ呟き残そうと思う。
初っ端から、そういう人物設定で行くんや?!っていう驚きから始まり、3つの地域の人間模様を描くための場面転換の仕方に、おお。と感嘆した。あいこの聞いてるイヤフォンの音楽から、プールパーティに繋がる場面がすごく良かった。

先週、レイトショーで「怒り」と「ハドソン川の奇跡」を見に行きました。これから、その感想を書きます。長くなるので数回に分けます。悪しからず。

めっちゃ「怒り」で言いたい感想あるんやけど言っていい??????言うね???????

怒りの感想を姉ちゃんと語り合いたいのにバイトに行ってしまった…つらい…胸が苦しい…やばい…怒りヤバイ…見た人いないの…?