CtMsoNUUAAAbakY
CtMsqE5UsAAy0S1
CtMsszjVMAAngWQ
CtMsvaTVIAE8PjE


CtM2SHqUsAEchKr
CtM2T7YVMAA8zff

CtNCAlqUkAAX4iH
CtNCAlrUsAA_djn

縮小ニッポンの衝撃
NHKスペシャルの「縮小ニッポン」の衝撃の内容に、絶望の声が相次ぐ

001l
日本の各地で今、何が起きているのか

NHKは9月25日、「縮小ニッポンの衝撃」と題したNHKスペシャルを放映。100年近い歴史を持つ国勢調査によって、初めて人口が減少した日本の各地で今、実際に起こっている事態に迫った。

番組内では、人口の一極集中が進む東京が歩むであろう未来や、財政破綻に伴うインフラサービス縮小に悩む自治体の姿などを紹介。その陰惨たる現実を突きつけられた視聴者は放映後、インターネット上に絶望にも似たコメントなどを多数投稿していた。

豊島区が抱える問題

2016年2月に発表された2015年の国勢調査によると、1920年の同調査開始以来、日本の総人口が初めて減少に転じたことが明らかになった。2010年の調査時より減った数は94万7,000人で、全国の8割以上の自治体で減少が認められたという。

日本の人口は、1920年に約5,600万人だった。そこからベビーブームや、地方から都市部への集団就職、高度経済成長などを経て人口とGDPが順調に右肩上がりで増加してきた。だが、これから日本が直面するのは、かつて経験したことのない「人口の急降下」だという。そして、その現象には人口の一極集中が進んでいる東京ですら抗(あらが)えない。

東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年は、東京で人口が減少に転じる年と考えられている。品川区や目黒区、渋谷区、中野区、豊島区などの11区で人口が減るとの試算があり、豊島区では28万が減少に転じるとみられている。

豊島区は長らく、出生数より死亡数が多かった。普通に考えれば人口は自然減少していくはずだが、その減少数を補うほどの転入者が区の人口増加を支えてきたという背景があった。

この転入者が区の将来を左右すると考えた豊島区は、その実態を詳細に調査。最も多かったのは「20代の単身者」だったが、その給与収入ベースは240万円である事実が判明した。この年収では結婚して子供を持つのが難しいため、将来の人口減の一因となることが懸念されている。

さらに別の事実も明らかになった。これまでは20~24歳の年代が同区に転入して人口を増加させる一方で、25歳~39歳は結婚を機に郊外へ移転するなどして転出数の方が多かった。ただ、最新のデータでは25歳~29歳、30~34歳、35~39歳のいずれの年代でも転入超過が確認されており、明らかにこれまでの傾向とは異なっているという。

区が想定する最悪のシナリオ

この現象の背景に、今の「東京の現実」が見え隠れしている。現在、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて建設需要が高まっているため、警備人員が手薄になっているとのこと。ある警備会社は直近1年間で約60人を採用し、その7割近くが地方出身者だそうだ。一度は地方で就職し、職を失うなどして東京へ出てくる若年層が増えているとみられる。

この警備会社は、単身者向けの寮を2年間で14カ所増やしたが、6畳ワンルームに2段ベッドを2つ置き、4人が過ごす光景が映し出されていた。1日の家賃が1,350円のその部屋を「一時的な仮の住まい」とするはずだったが、結果的に長期間になってしまっている人が増えているという。新潟県出身のある男性は、年収200万円程度で結婚も難しいと話していた。

豊島区の年代別人口ピラミッドを見ると、現在の20~30代は2040年に3割減ると予測されている。そしてこの新潟県の男性のように未婚の20~30代が区内にとどまると、住民税などによる税収が少なくなる一方で、高齢化に伴い社会保障費が増大するという問題が浮上してくる。

豊島区が想定する最悪のシナリオは以下の通りだ。

■2020年に区の人口が減少

■2028年に区の税収が減少

■2035年に社会保障費が現在より50億円増え、区は財源不足に陥る

■2060年には区の財源不足が100億円を超える

豊島区の高野之夫区長は「今の財政規模の中で(財源が)100億円少なくなると区民サービスを相当カットしなければいけないし、大変な行政経営になってくる」と危機感を口にする。


 引用元:http://news.mynavi.jp/articles/2016/09/26/shrink/
span style="font-size: medium;">豊島区が描くこの近未来は、「東京全体の縮図」とも言われている。2040年には都内のすべての自治体で人口が減少に転じると予想されているためだ。東京は日本全体の「成長エンジン」。東京の富が地方に行き届くことが長らく日本の発展を支えてきたが、その成長モデルの根幹が今、揺らごうとしている。

痛みを伴う「撤退戦」に挑む

「縮小ニッポン」では、人口増加を前提にしてきた社会システムを見直し、縮小していく必要に迫られる。そのような痛みを伴う「撤退戦」にいち早く挑んでいるのが北海道夕張市だ。10年前に財政破綻した同市は、かつて11万人の人口を誇ったが今では9,000人以下にまで減少。「人口に合わせた行政サービス」の模索に市は悩んでいる。

夕張市役所には、「行政サービスをどこまで切り詰めるか」という難題の"ヒント"を見つけるべく、似たような境遇に置かれている自治体職員や地方議員が全国から視察に来るという。これまでに市は公園や図書館を廃止し、医療機関を縮小させている。

夕張市の財務課長は「市民からも全然希望は聞いていない。やはり近隣の市町村だとか類似団体が当たり前にやっていることが夕張市ではできていない」と内情を明かす。350億円以上の借金を返すべく行政の効率化に着手し、さまざまなサービスをカットしているためだ。

その陣頭指揮を執る鈴木直道市長は、市長という役職に就いていながら、ある月の手取り給与は15万8,000円で交通費は自腹で捻出。市のための最善策を日夜、模索している。

現在、夕張市が最も"効率化"を進めたいものの一つに市営の清陵団地がある。以前は1,200世帯が住んでいたが、現在は260世帯まで減少。1世帯のみが居住している建物が団地に点在しているため、インフラ維持でコストがかかる点がネックとなっている。

2016年2月、同団地について市は「政策空き家にする」という案を示した。将来の取り壊しを前提に、建物が丸ごと空き家になるよう行政が誘導するという手法だ。政策空き家に指定されると、新たに入居が認められず、部屋も移れない。階段の上り下りがつらい高齢者といえども、下の階に移り住むということができなくなるわけだ。

同団地の大部分を政策空き家に指定して住民自体を大幅に減らし、最終的に4棟程度の建物に住民を集約させたい意向を市側は持っている。市の人口流出につながるリスクがあるが、建物を取り壊してインフラを縮小することで市のコストを削減する道を選んだ。今後、住民の理解を得られるように努力を続けていく方針だが、すでに同団地の一部では住宅の取り壊しが始まっている。

高校か保育園かの二者択一

夕張市の断腸の思いの策が実施されている一方で、水面下では新たな問題が発生していた。市内の中学生3年生を対象にしたアンケートでは、地元の高校へ進学を希望する子どもたちが3分の1程度しかいなかったのだ。以前は8割ほどが希望していたそうだが、学校の統廃合など行政サービスが切り詰められてきた現実を肌で感じている世代は、一刻も早く夕張市を離れたいと考えているようだ。

並行して、市内の保育園の老朽化という問題も夕張市は抱えている。番組で紹介されたある保育園は、建てられたのが40年前で現在の耐震基準を満たしていない。そのため、毎月の避難訓練で子供たちの安全確保に努めているとのこと。夕張市にある3つの保育園は、いずれも耐震基準を満たしていないという。

高校か、保育園か――。鈴木市長は、財源が限られる中での選択を迫られる。「こっちにハンドルを切って助けに行ったら、こっちでまた悲鳴が聞こえてそっちに行く。本当は両方見て、どっちも対策をできれば一番いいんですけど、それがなかなかできない」と苦しい胸の内を吐露する。

熟考の末、高校に新たに予算をつけ、資格取得や進学を目指す子どもたちを後押しすることを決断した。財源はふるさと納税の寄付金だ。未来を担う子どもたちのための鈴木市長の戦いは、まだまだこれからも続く。


 引用元:http://news.mynavi.jp/articles/2016/09/26/shrink/001.html
夕張市のように、行政側が苦心しながら最低限のサービス維持に努める一方で、住民に行政サービスの一部を肩代わりしてもらう自治体も出てきている。

島根県雲南市は、深刻な財源不足のため2005年に「財政非常事態宣言」を宣言。職員を2割減らすといったコストカットに着手した。将来的に予算も人員も増える見込みはないが、少子高齢化など市の問題は山積しており、市内の隅々までサービスを行き渡らせるのは難しいと考えた。

そこで考案したのが「住民組織」だ。市内を30の地区に分け、そこに住む住民全員を組織のメンバーにした。国からの借入金を活動資金として交付し、代わりに住民組織が行政のサービスを担うという仕組みだ。

住民組織の担い手がおらず、地域を縮小

雲南市の鍋山地区では、60代の住民7人が険しい山にある400世帯の水道検診を受け持つ。福祉サービスも兼ねているため、高齢者の見守り業務も行っている。ただ、この住民組織が開始されて10年が経過し、メンバーの高齢者が相次いで亡くなっているという。

「この先、地域を支えていけるのか」――。市の担当者には、住民たちの悲鳴が聞こえだしてきている。サービスの担い手がいなくなれば、集落の維持は困難になる。だが、行政側はその対処も住民に委ねたい意向を持っている。

「何もしなければ、極端な話になれば、消滅してしまうこともありえるわけでして、それはやりようだと思います。『消滅してしまいましょう』ということも選択肢としてありえる。どのように考えるかは、住んでいる方ご自身で考えていくこと」と市の担当者は話す。

鍋山地区は専門家のアドバイスを仰ぐことに決めたが、その内容とは「集落維持のため人口に見合った規模に生活圏を縮小する」ことだった。住民組織の担い手が少ない以上、それが現実的な判断だという。

この助言を受けて、住民があらためて地区の状況をつぶさに確認したところ、住宅や田畑が荒れ地に囲まれるように点在していた。これ以上、土地の荒廃が進めば、道の整備や高齢者の見守りが難しくなる。鍋山地区の住民は、地域の縮小を議論していく方針だという。

サービスを享受するだけではいられない将来

人口や行政サービスが現在進行形で縮小している現実。番組放映後は、その正視しがたい事態に不安や絶望に似た感情を抱く人たちが多かった。以下は一例だ。

「夕張市の現状や地方自治体の住民組織のあり方を見ると、恐ろしくて仕方ない」

「『縮小』や『消滅』が当たり前に語られる日本では、若者が将来に対して悲観的になるのも無理はない」

「NHKスペシャルが精神を削ってくる」

「NHKスペシャルで心が折れそうになる」

「未来はもっと明るいと思っていたが、とても切なくなる」

雲南市のような住民組織は現在、各地で1,600以上あるそうだが、国は今後4年間で3,000に増やそうと計画している。私たちの多くは近い将来、行政によるサービスを享受するだけの存在ではいられなくなる。自分たち一人ひとりが、自らの住む自治体の課題に向き合わないといけなくなる。

正社員と非正規社員の賃金の格差是正や、共働き世代が子育てをしやすいような会社の制度づくり、保育に関わる施設や人材の充実……。国が目を背け、先送りし続けている課題が暗示するものは、「縮小ニッポン」以外の何物でもないだろう。

※写真と本文は関係ありません


 引用元:http://news.mynavi.jp/articles/2016/09/26/shrink/002.html
島根県とは(Wikipedia)

admi32
島根県(しまねけん)は、日本の中国地方の日本海側である山陰地方の西部をなす県。県庁所在地は松江市。離島の隠岐島、竹島なども島根県の領域に含まれる。旧国名は出雲国・石見国・隠岐国であり、現在でも出雲地方・石見地方・隠岐地方の3つの地域に区分されることが多い。

名称
島根県の県名は、県庁の置かれた松江城周辺が旧島根郡(嶋根郡)に属していたことによる。嶋根の名は『出雲国風土記』での八束水臣津野命(やつかみずおみつののみこと)の命名によると伝えられる。なお、松江城下は松江城が立地する島根郡(大橋川以北。橋北)と意宇郡(大橋川以南。橋南)にまたがる。
日本の旗 日本
地方中国地方山陰地方
中国・四国地方
団体コード32000-5
ISO 3166-2:JPJP-32
面積6,708.24km2
総人口690,169
推計人口、2016年8月1日)
人口密度103人/km2
隣接都道府県鳥取県広島県山口県
県の木クロマツ
県の花ボタン
県の鳥ハクチョウ
他のシンボル県の魚:トビウオ
県民歌:薄紫の山脈(1951年制定)
島根県庁
知事溝口善兵衛
所在地690-8501
島根県松江市殿町1番


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8C



以下、Twitter民の反応




Nスペの縮小ニッポンがTLで言及されている。撤退戦は辛く厳しいものになるので、形勢逆転の妙手があるという前向きな嘘が力を持ち、ぎりぎりまで何もできないと思う。若手は義憤に駆られてなんとかしようと参加すべきではない。捨て石になるのではなく、撤退戦後のために牙を研ぐことに専念すべき。

縮小ニッポンを観ていて、論点ずれてるなあと感じた。人口が減少して、縮小することが不幸なんじゃなくて、夥しい数の老人たちが、若い世代に依存しなければならないという現状が悲劇なんだと。社会保障制費の増大によって国が衰退する、若者が困窮し、未来を描けなくなることが不幸。

あ、「縮小ニッポンの衝撃」の録画忘れた。

学生の頃、小難しいドキュメンタリーとか好きだったんだけど、しばらくしてから自分がこれ見たところで何も変えられないって思い始めてそれ以来見るのをやめた。NHKスペシャルの「縮小ニッポン」が話題になってるけど、それを食い止めるために自分ができることなんて何もない。海外に逃げるくらい。

Nスペ縮小ニッポンの衝撃。自治を任された住民組織とは聞こえが良いが、単に自治体が厳しくなり下請けに丸投げ。繋がりがなくなるんじゃないか?おめでたいのは役所だけか。自治体と住民が元気なうちに展望を見据えないと住民組織自体が自然消滅するのでは。

NHKでやってた「縮小ニッポン」の衝撃見た。やはり、あちこちにナンの釜を作って、突然歌って踊り出す映画チャンネル作って、インド人をおびき寄せて人口増やすしかないのでは。

NHKスペシャル「縮小ニッポンの衝撃」はかなりのインパクトがあった。怖いなぁ。

話題になってるNHKの「縮小ニッポンの衝撃」見たけど、すごかった。もう絶望しかないって感じ

録画していたNスペの縮小ニッポンの衝撃を見てる。すごく興味深い。

NHK SP「縮小ニッポンの衝撃」を見て衝撃。人口減少により破綻寸前の市町。
行政がやっていたサービスが出来なくなり、高齢住民が替わりに担う。皆が必死で生きている。
東京の11区もその兆候が出始めている。
行政でさえこの状態、後見制度はゆとりの産物近いうちに限界が来ると感じた。

縮小ニッポンの衝撃を見たが、東京ですら2020年には人口減と言うが都のGDP自体は既に減少傾向なんだよな。去年で9万人も人口増えながら0.6%GDPの減少。このままでは日本は東京という最後の逃げ場すら無くなるんじゃないか。

『縮小ニッポンの衝撃』を見ていて、藤子・F・不二雄先生の『定年退食』を思い出した。

まさに劇中の首相の言葉のように、「日本国は、これ以上あなたがたを扶養する能力を持たない故、今後一切の国家による保証を打ち切ります」な世界が現実化してきてるな #nhk

NHKスペシャル「縮小ニッポンの衝撃」観終わり。
ものすごーく面白かった。日本もうだめだな、これ。。
それにしても、夕張市長はあの薄給であんなにストレスフルな仕事よく続けられるなー。。すごすぎる。

NHK 縮小ニッポンの衝撃をみたが自分の田舎も10年後はかなりの過疎化が進んでいるのはずなのでなかなか興味深い番組でしたな。

先ほどNHKで縮小ニッポンというドキュメンタリーを観て、これから行政職員になろうとしている自分にとって考えさせられるものだった

縮小ニッポン「豊島区は消滅可能性都市です」

こうなる理由はNHKの縮小ニッポン見てたらだいたい理解できた うん 日本はもうだめだね(諦観)

シンギュラリティ後の世界で人類が最終的に滅亡したとして、それが? 嫌だと言うのはただのセンチメンタリズムだと思う。というか、縮小ニッポンを気にしてる人はそんなことではなく、生活の質や福祉のほうを気にしてるよね? そんなのシンギュラリティを知ればどうにでもなるとわかる。

縮小ニッポンをたまたま見てしまったが、オタクはこれに対してどうすればいいのだろう
良作、名作とうたわれるホラーよりも恐ろしいけど、回避手段も出口も見えないよね…と

縮小ニッポンの衝撃

あっと言う間に時間が過ぎた!

出ている地域が近くでもあり、考えさせられた。

この番組は何度か再放送すべきかな?!!

再放送の縮小ニッポンを見る。こういうの見てもコンパクトシティ構想自体は合ってると思うんだけど、問題だらけて話もあって、現場で動かすとなるとやらかすんでしょうなあ。番組中の「文句言えるうちにやらなきゃ」てのは納得感あって、ミスリードも生むけど誰か悪人にならなきゃなのかもね #NHK

NHKスペシャル「縮小ニッポンの衝撃」の再放送みてた。

縮小ニッポンの衝撃。
世界には住む場所がなくて困っている人が溢れている一方で、住む場所が余ってその維持に苦労している人がいる。そりゃ移民の受け入れとかも考えたくもなる。
国として緩やかな死を選択すべきか、移民というカンフル剤を打って副作用に苦しみながらも延命させるべきか。

話題になってた縮小ニッポンの衝撃を見たけど、なかなかにキツイ、見たくない現実だな。

ただ客観的なデータや数字とは別に、番組の構成やナレーション、音楽など演出自体が色々と暗い気持ちを煽る方向で作られてるね。

NHKの「縮小ニッポンの衝撃」を見ていると、ずっと与党だった自民党の責任は民主党よりはるかに大きいと言わざるを得ないな…
何十年も前から人口動態の予想はついていたはずだし、日本の官僚が優秀だなんて話も眉唾としか思えない…
やっぱり人は財産だと思う。

『プロフェッショナル仕事の流儀』(島根県邑南町)からの再放送『縮小ニッポンの衝撃』(島根県雲南市)という流れでみると、ヤバさ半端ない(;´д`)

前にTLで島根の話題で出てたNHKの「縮小 ニッポンの衝撃」の再放送だ

NHKのプロフェッショナルを視聴中。島根県邑南(おおなん)町役場職員の寺本さんの活動を紹介されていた。食で町おこし。A級グルメの町としてアピールしているそうで、他県からの移住者も多い。縮小ニッポンの衝撃という番組の一方で、こういった活動も紹介するNHK。やるね〜。

昨日のNHKスペシャル 「縮小ニッポンの衝撃」を観て衝撃を受けました。国勢調査で日本の人口は減少に転じ、将来的な予測と行政サービスの縮小(“撤退戦”)の事例を北海道の夕張市や島根県雲南市のケースを紹介していました。大変に勉強になりました。#NHKスペシャル

NHKスペシャル「縮小ニッポンの衝撃」
大正時代より人口が少なくなった島根!
ほんと衝撃です

NHK総合「縮小ニッポンの衝撃」を観た。東京とて免れない「撤退戦」のレポートである。北海道夕張市(市営住宅の集約)や島根県雲南市(地域自主組織)など、良く掘り下げられていた。それにしても、35歳、就任6年目の鈴木夕張市長の給与明細には衝撃を受けざるを得ない。手取り15万円とは。

NHK「縮小ニッポンの衝撃」夕張とか島根の山奥とかは、まあ「わかってる」ことではあったが、豊島区の将来像はなかなかヘヴィだった。
人間の生活と「場所」とを最適化していかないと、お金がどんどん足りなくなる。日本全体のリストラは、まだまだ進むのだろう。

Nスペ「縮小ニッポンの衝撃」…身につまされるような話でありながら、20年も前からわかってた話じゃないかという思いも拭えなかった。最後に出たスタッフロールを見るとNHK札幌・松江・広島の共同制作。つまり俺が生まれた島根県と育った広島県、仕事でもっとも長くいた北海道…なるほどorz。

夕張市や島根の限界集落、「高齢化」「人口減」「税収減」「インフラ劣化」等のシビアな初期条件からスタートする『シム・過疎シティ』みたいなゲームを開発して大勢にプレイしてもらったら、現実の街を救うヒントが得られるんじゃないかと、NHKスペシャルの『縮小ニッポンの衝撃』を観て思うなど。

NHKスペシャル『縮小ニッポンの衝撃』、冒頭に人口減少の原因について、「年収200万円じゃあ子供なんてつくれませんね」と説明されているのに、それへの対策は一切なく、人口減少の続く夕張や島根の農村の様子を紹介して、これからどう耐えるか?の話に持って行った。アカン ( ゚д゚)

NHK 縮小ニッポンの衝撃終了。
豊島区の現状、夕張市の取組、島根県の複数の自治体が10年行っている住民組織によるインフラ維持とその綻びなど。
見てるだけで凹んできます。
夕張市長の手取りが15万ちょいって出てませんでしたか!?

#HNK #nhk 縮小ニッポンの衝撃~次世代を守りたい
夕張市では政策空室を推し進め、島根県雲南市では地域住民による組織を立ち上げて住民サービスをしているそうであるが、夕張の場合、地方創生を考えるなら建物を壊すのではなく貸して管理費で修繕すべき

NHKスペシャル、縮小ニッポンの衝撃。島根県の例は奥さんの実家もこんな感じだと思う。人が減ってるし若い人がいない。自然いっぱいでいいところなんだけど、日々多くの人が暮らすには仕事がなく難しいな…

縮小ニッポンというか、まあ、島根とか北海道の山奥はどうしようもないと思うんだけど、基本的に金を儲けることを悪だと定義し続けた結果、金が流入しなくなったんとちゃいますっという気持ちはある。

島根県雲南市。まち全体で老老介護やってるようなものか。#NHKスペシャル 縮小ニッポンの衝撃

NHKスペシャル「縮小ニッポンの衝撃」
国勢調査で大正時代と同じ人口に戻った鳥取県。豊島区の30代や20代後半の単身人口増と近未来の高齢化、税収減という危機。夕張市の空き家だらけの市営団地の維持費。手取り16万の鈴木市長。島根県雲南市は行政サービスを住民に担ってもらう制度を構築。

NHKで縮小ニッポンの衝撃ていうので島根県でてる

縮小ニッポンか……夕張も島根も大変だね……

縮小ニッポンの衝撃 Nスペ
縮小ニッポンの未来図

大規模な団地の1200戸のうち、7割が空家
島根県では、人口が初めて大正時代を下回る
初めての国勢調査は大正9年、当時の人口は5600万人
そして、首都東京でも2020年には、人口減少に転じるという予測が出ている。

縮小ニッポンみたいな番組嫌い。
まず身なりから改めよ。
ちゃんと稼ごうとしてる人には見えないなあ。
身なりは関係ない場合もあるけど。
目指す職種やスキルによってはね。
自分の身の丈を知らんのであろう。

NHK縮小ニッポンの衝撃再放送観てる。
夕張市に全国の市町村職員や議員が訪れてる理由が「行政サービスをどこまで切り詰められるのか確かめるため」っていうマイナス方向なのが悲しいな。
でも残念ながら上向きになるのは周囲から吸い取る力のあるそこそこの市くらいだし、仕方ないか。
#nhk

安倍に見せてやれよnhk。縮小ニッポンの衝撃

縮小ニッポンの衝撃見た。大体地方に支えられていたのにあぐらをかいて、上から目線でものを言っていた都会の言い分。
そんなこと、地方ではとっくに取り組んでいるだろう。知恵を出して。
こんな番組を今頃作っているNHKがアホすぎ。
それで見ない人からも視聴料を取ろうなんて、盗人猛々しい。

↓僕もNHKスペシャル「縮小ニッポン」を見た。でも前特異点が10年後くらいに来るから、そんなに悲観的にならなくてもいいと思う。

縮小ニッポンの再放送やってるけどほんと夕張市長もっと給料もらいなよって…稀有な個人の美談で終わらせたら次に続かないと思うんだけど…

NHK『縮小ニッポンの衝撃』みてる。色々思うところはあるけど、夕張市長がまことに尊い。こんなチープな言葉でまとめて申し訳ないけど、尊い人だ。