横浜点滴殺人 トラブル続出だった大口病院の“隠蔽体質”

2d114f02c18842e25b80a55aab36117420160926125116502
 横浜市の大口病院で八巻信雄さん(88)が界面活性剤の混入した点滴で中毒死した事件。数々の院内トラブルが浮上するなどミステリー含みの展開になっており、ガ然、気になるのが同病院をめぐるウワサだ。

 特定医療法人財団「慈啓会」が1954年に設立し、地元では長らく人気の病院だったが、84年に同じ慈啓会系の「大口東総合病院」が開設されてから患者が減ったという。

「駅の反対側にある東総合病院に食われて、廃れてしまったのです。今では患者の中心は症状の重い老人で、八巻さんが亡くなった4階は寝たきりの人が多い。死亡する人が多いため、地元では“あの病院に入ったら死ぬ”なんて冗談も聞かれるほど。そのため職員のモチベーションが低いとの声も聞かれます」(地元商店関係者)

 八巻さんに投与された点滴は3連休初日にあたる17日午前、厳重に施錠保管されていた1階の薬剤部から、誰でも触れられる状態の4階ナースステーションに運び込まれたという。捜査本部は、八巻さんの点滴が最後に交換された19日午後10時ごろまでの3日間に、何者かが界面活性剤を混入した可能性があるとみている。


 引用元:http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/190527/1
「病院側の危機意識が低かったのも気になります」とは地元のジャーナリストだ。

「4階では18日から八巻さんとは別に3人の老人が死亡した。そのうち20日に死亡した90代の女性は点滴を受けなかったものの、18日に死亡した80代の男性2人は点滴を受けていた。もしこの2人が異物混入で亡くなっていた場合、詳しい死因を調べればもっと早く事件に気づいたはず。病院の対応が遅すぎたかもしれません」

「病院の隠蔽体質が原因」との批判もある。すでに報じられているとおり、同病院では4月に看護師のエプロンが切り裂かれ、6月に患者のカルテが抜き取られた。8月には看護師が飲もうとしたペットボトルに漂白剤らしきものが混入されていた。

 その一方で、7月上旬、横浜市に「看護師のエプロンが切り裂かれた事件があった」、8月中旬に「12日、病院スタッフの飲み物に漂白剤と思われるものが混入し、飲んでしまって唇がただれた」とのメールが送信された。発信者は同一人物だ。


 引用元:http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/190527/2
これとは別に8月12日、「FUSHICHOU」を名乗る人物がツイッターに同じ内容の書き込みをしている。

「これだけ不審なことが起き、第三者がメールやツイッターで訴えていたのに、病院は一連のトラブルを警察に通報しなかったのです。もともと死亡する人が多いうえに、病院が事実を隠蔽しているため、犯人が“少々のことをしても捕まらない”と増長して殺人にエスカレートしたのではないか」(前出のジャーナリスト)

 もっと早く警察沙汰にしていれば、八巻さんの死を防ぐことができたかもしれない。


 引用元:http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/190527/3
【社会】点滴殺人の病院でエプロン切り裂き、飲料に異物も 横浜














2016年7月 看護師のエプロンが切り裂かれる事案 →病院側隠ぺい
2016年7月 患者のカルテが紛失する事案が発生 →病院側隠ぺい
2016年8月 漂白剤らしきものが飲み物に混入し、それを飲んだ看護師の唇がただれた事案発生 →病院側隠ぺい
2016年9月 18日以降80~90代の男女3人が立て続けに死亡 →病院側責任逃れのため隠ぺい
2016年9月 20日入院患者の男性(88)が死亡。異物混入による中毒死と判明→病院の責任を逃げきれなくなり事件化


 引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1474684892
神奈川県横浜市 大口病院(整形外科、内科、リハビリテーション科)

ph03_gaikan

整形外科およびリハビリ科では、整形外科としての治療やリハビリによる機能回復訓練により、患者さんの社会復帰を目指しています。そのために、リハビリ専門医師、理学療法士、作業療法士等の専門職員が一体となって、患者さんの身体機能の維持・回復に取り組んでいます。

内科では、老年期医療およびパーキンソン病等の神経難病に力を注ぎ、総合内科・老年病・神経内科の専門医が治療に当たります。あわせて、身体機能の維持・回復が必要な患者さんには、リハビリを実施しています。

入院を希望する患者さんは、当院の医療相談室までご相談ください。

病院概要
名称特定医療法人財団 慈啓会 大口病院
診療科目内科、整形外科、小児科、リハビリテーション科
病床数85床 (一般42床、療養43床)
休診日木、日、祝日、年末年始(12/30~1/3)
院長髙橋 洋一
住所〒221-0002 神奈川県横浜市神奈川区大口通130
交通アクセスJR横浜線「大口駅」西口徒歩3分
TEL・FAXTEL.045-402-3333  FAX.045-402-3337
ホームページhttp://www.jikei-o.or.jp/ooguchi/  (当ページです)


 引用元:http://www.jikei-o.or.jp/oguchi/
界面活性剤とは(Wikipedia)

7a60e431a886ff6898b1d9a95f4db715
界面活性剤(かいめんかっせいざい、英語:surface active agent、surfactant)は、分子内に水になじみやすい部分(親水基)と、油になじみやすい部分(親油基・疎水基)を持つ物質の総称。両親媒性分子と呼ばれることも多い。ミセルやベシクル、ラメラ構造を形成することで、極性物質と非極性物質を均一に混合させる働きをする。また、表面張力を弱める作用を持つ。
石鹸をはじめとする洗剤の主成分である。多数の界面活性剤が存在し、サポニンやリン脂質、ペプチドなどの天然にも界面活性剤としてはたらく物質は多い[1]。

界面近傍では界面自由エネルギーが高くなり不安定化するので、界面はできるかぎり表面積を小さくしようとする(界面張力)。ひとつの分子内に親水基と親油基をもつ両親媒性の化学構造をもつ物質が界面上に並ぶことにより、この不安定な状態が緩和される、つまり界面自由エネルギーが小さくなる。このような特性をもつ物質を界面活性剤という。
界面活性剤は洗剤用途に大量に使用されているほか、食品や化粧品の乳化剤・保湿剤としても重要な位置を占める。界面活性剤は微妙に化学構造を変化させただけで大きく異なる特性となるため、非常に多くの種類のものが生産・使用されている。
その一方で、洗剤などを含む排水が水質を汚染させ公害の原因となることも指摘されている。


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%95%8C%E9%9D%A2%E6%B4%BB%E6%80%A7%E5%89%A4
【入院患者中毒死】7月から9月におよそ50人の患者が同じ4階で死亡か★3

告発していたおっさんのアカウント
https://twitter.com/ngu19690604
https://m.facebook.com/shigeo.tsuruoka.7
n59gFya
>>128
Facebookとかも物凄い植〇っぽいじゃん
http://i.imgur.com/n59gFya.jpg


 引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1474910385/
鶴岡茂緒 Facebook

10491217_708809615904914_5810344138950107665_n

自己紹介
私立身延山高等学校に在学していました
神奈川県立横浜平沼高等学校に在学していました
横浜市在住
既婚
横浜市出身

私立身延山高等学校に在学していました
以前の学校: 神奈川県立横浜平沼高等学校

横浜市在住
横浜市出身
既婚
2010年7月7日から既婚


 引用元:https://www.facebook.com/shigeo.tsuruoka.7
関連記事
横浜市大口病院を内部告発の鶴岡茂緒FUSHICHOU@ngu19690604のFacebook・twitter特定【八巻信雄さん西川惣蔵さん異物・界面活性剤混入事件】

続報「50人患者が4階死亡」死因中毒死の西川惣蔵さん88歳は病死ではなく殺人「八巻信雄さん異物・界面活性剤混入事件」で新展開【現場画像・被害者写真】

「犯人に怒り」大口病院の高橋洋一院長が八巻信雄さん異物混入殺人を受けてのコメント発表…どこか薄っぺらいな【被害者顔写真・画像あり】

【闇】八巻信雄さん異物混入殺人事件の大口病院4階で「看護師のエプロン切り裂き」「カルテ紛失」「スタッフ飲料に漂白剤混入」と三件の事件が発生【高橋洋一院長・顔写真】

「犯人は内部犯」八巻信雄さん大口病院異物混入殺人事件の犯行手口がヤバい…司法解剖の結果、体内から界面活性剤が検出…被害者は終末期治療のため入院【現場画像】

異物混入事件の大口病院で起きたトラブルがヤバいtwitter民のFUSHICHOU(ngu19690604)内部告発…メールが警視庁にも【時系列・経緯・画像】



以下、Twitter民の反応