Ctfjvt7UIAAxRzP
Ctfjvt4VUAAQB4j
Ctfjvt5VUAARfx_
群馬県の市役所職員が「ギルティギア」世界大会で優勝? ネットでは「そんな大会ない」との指摘 本人はコメント拒否

群馬県太田市役所の臨時職員が格闘ゲーム「ギルティギア」の世界大会で優勝したと報じられていますが、これに対して「架空の大会ではないか」「Aさんは開催地にすら行っていないのでは」として捏造(ねつぞう)疑惑が広がっています。
ikko_20160927guilty002

上毛新聞の記事(現在は取り下げられています)

 上毛新聞と朝日新聞が報じたところによると、Aさんが出場した大会は世界からおよそ100人の参加者が集い複数のゲームタイトルで試合が行われる「オータムスタンフェスト」という大会で、開催されたのは9月20日と21日の2日間。優勝者は約300万円の賞金か、次回大会のシード権を獲得できる仕組みとなっており、優勝したAさんは次回シード権を選択。Aさんが格闘ゲームを始めたのは高校2年生の頃からで、ゲームセンターなどではなく、主に家庭用オンラインで夜中にプレイしていたとされています。

 Aさんが優勝したゲームタイトルは、独自のグラフィック表現などで世界的に評価が高いギルティギアシリーズの最新作「ギルティギアイグザードレベレーター」。同大会が開催されたとされるフランスでも人気を集めるゲームで、記事によるとサイドトーナメントとして同時に行われた「ブレイブルー」(ギルティギアと同じ会社が制作した格闘ゲーム)の大会でも無敗で優勝したそうです。
ikko_20160927guilty003

ギルティギアイグザードレベレーター家庭用公式サイト

 高額の賞金がかけられた大会は通常であればSNSなどで大々的に告知され、すぐさま格闘ゲームプレイヤーに浸透し、また同時にオンラインによって配信されるのが通例。しかし、この「オータムスタンフェスト」は告知されておらず、SNSによる拡散やオンライン配信、Webサイトに至るまで全くの形跡が無く、他の参加者情報や写真すら確認できない状況となっています。

 また、高額賞金がかけられた大会で優勝するのは過去の例をみても非常に有名なプレイヤーばかりですが、Aさんに関しては全くの無名で、有名プレイヤー同士のコミュニティーでも知られていない様子。賞金についても「ストリートファイターV」などのビッグタイトルでは1000万円を超えるような優勝賞金が出ることもありますが、Aさんが優勝したとされるギルティギアシリーズの大会で300万円の賞金がかけられるのは異例中の異例です。
ikko_20160927guilty001

“家庭用ギルティ勢最強”とされるプレイヤー・竹原さんもコメント(竹原さんのTwitterより)

 この事についてネット上では「誰も知らない300万円の大規模大会?」「ブレイブルーとギルティギアの両方で優勝とかそんなプレイヤーいない」など疑惑の声が噴出。既にAさん本人と思われるFacebookアカウントは特定されており、フランスの様子を撮影した画像が複数投稿されていますが、その中に転載された画像があることも指摘されており「アリバイ工作を行ったのでは」とする意見もあるようです。

絶一門 @zima214
割と格ゲー事情に詳しい面々が誰も知らない謎の大会で、ギルティギア・ブレイブルー部門で謎の人物が優勝し、謎の高額賞金(300万)を蹴って代わりに謎のシード権を得た記事が出回ってギルティギア界隈が混乱している
2016年9月27日 13:57
624 624件のリツイート 192 いいね192件
あれっくす @NStyles
闇のギルティギア世界大会優勝者、フェイスブックで大会出場を兼ねた欧州旅行の様子を写真で報告しており、その写真がことごとく他人の写真を盗用したものという状況らしく、休み取るために嘘ついたら膨らませすぎちゃった事案っぽい。
2016年9月27日 16:21
234 234件のリツイート 81 いいね81件
モモちん @r2o2k
世界大会でギルティギアでもブレイブルーでも優勝ですって。いやそんなプレイヤー今日びおらんよ?
2016年9月27日 13:49
4 4件のリツイート 1 いいね1件
 また、同大会が行われたとされるフランスでは、名前の似た格闘ゲーム大会“スタンフェスト”が毎年5月に開催されています。毎年多数の参加者を集め、日本でも注目度の高いこのイベントですが、“スタンフェスト”のスタッフに「“オータムスタンフェスト2016”という大会が行われたか」を問い合わせたところ、「私たちは“オータムスタンフェスト”ではなく“スタンフェスト”。毎年5月にしか開催されない」と回答。Aさんの名前も全く把握していないらしく、他の団体が似た名前を使用した可能性についても「スタンフェストは他の場所で開催されたことはない。誰かがスタンフェストの名前を使っていたとしたらそれは違法だ」と語っています。
ikko_20160927guilty004

春に開催されたスタンフェスト

 またAさん本人に対し、「優勝した際のトロフィーや賞状はないのか」「なぜ300万円ではなくシード権を選んだのか」「ギルティギアにおける段位(プレイヤーの実力を表す数字)はどの程度か」「使用キャラクターは」「これまでの格闘ゲーム大会での実績はあるか」「大会エントリーはどうやって行ったのか」などについて問い合わせを行いましたが、回答を拒否されました。

 現在上毛新聞はこの件についての問い合わせが複数寄せられたため、事実確認が取れるまで当該記事の掲載を止めている状態とのこと。また、ギルティギアシリーズを制作するアークシステムワークスにも問い合わせましたが「問題は把握しているが、コメントはできない」としています。

追記

 上毛新聞は一時取り下げていた今回の記事に関し、サイト上に「格闘ゲーム部門で優勝したとする報道は事実無根だったことが分かった」とするコメントを掲載し、記事が削除されました。


 引用元:http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1609/27/news150.html
ギルティ伊藤の新証言「パスポートの申請が間に合わなかったので自宅からネットの大会に参加して優勝した」

格闘ゲーム「ギルティギア」の世界大会で優勝したという嘘が新聞にまで載り、大事になってしまった臨時職員の伊藤正裕さん(23)について、虚言が疑われてからも嘘に嘘を重ねて誤魔化し続けていたことが分かった。
当初は朝日新聞と群馬県の上毛新聞が取り上げて記事を削除する騒動にとどまっていたこの虚偽優勝事件はすでにテレビに取り上げられるまでの大ニュースになっている。以下では錯綜する情報をまとめた。
(1)裏取りを怠った新聞2社はずさんな仕事を非難されている。
game_ito-10-600x338
game_ito-11-600x338

小規模な上毛新聞はともかく、以前から強烈なアンチを抱えている朝日新聞に対する非難の声は激しく、どうして事実確認をちゃんとしていなかったのかという指摘が殺到している。少し調べればそもそも大会すら開かれていないことが分かるわけで、記事が掲載されてからは一般人のみんなが嘘を見破った。記事を書いた担当記者は今頃、裏取りを怠ったとして上司に怒られているかもしれない。
(2)ギルティ伊藤は他にも「沖縄の大会で優勝した」などと嘘をついており、上司に問い詰められてからは、「世界大会は自宅からネットで参加した」と誤魔化していた。
game_ito-8

以前からゲームを趣味としていた伊藤さんは7月の時点で「沖縄の大会にスポンサー招待され、優勝して100万円をGETした」と自慢。これは嘘で、そもそも沖縄には行っていなかった。そして、8月にパリで開かれる世界大会に招待されたと嘘をついて休みを申請し、9月に優勝記者会見をして炎上した。
ただし、当初は上司やメディアの問い詰めに対し「証拠のパスポートは実は申請が間に合わなかったので自宅から大会に参加して優勝した。携帯電話は壊れたので招待状なども見せられない」と説明していた。ここまで嘘をつくのはもはや虚言癖。他にも余罪があるに違いない。
(3)記者会見で配られた書面が公開された。
game_ito-2-600x338

記者会見では伊藤正裕さん自身が事前に作成した資料を配布したという。書面では非常に淡白な文章でオータムスタンフェストで優勝したということが書かれている。なお、見出し部分はなぜか「オータムスたんフェスト」と「たん」の部分だけひらがなになっている。しっかりしろ臨時職員。
(4)伊藤正裕さんは会見で「できるだけ小さく扱ってほしい」と要望していた。
game_ito-9

23歳にして「ゲームに熱中していたら親に怒られるので…」というのは恥ずかしい理由だ。この苦しい言い訳は会見中に自分が嘘をついているという認識があったことを証明している。なお、伊藤さんの願いもむなしく上毛新聞には地元から大スターが誕生したとしてデカデカと掲載された。
▼口を大きく開けて笑う写真が印象的。違う意味で親に怒られたに違いない。
itomasahiro_game-600x316

(5)ゲームの主催者は「来年参加してね」と温かいコメント。
game_ito-4-600x338
game_ito-3-600x338
game_ito-5-600x338
game_ito-7
game_ito-7

大人の対応でイケメンな返答だ。エメリック・レネ氏は来年、ギルティ伊藤を特別招待するかもしれないと噂されている。ギルティ伊藤はそれまでに猛特訓を重ねて本当に優勝するしかない。
(6)記者会見を勧めた上司が登場。めちゃくちゃ申し訳ない顔をしている。
game_ito-6
game_ito-1-600x338

謝罪会見に律儀に顔を出して登場し、申し訳ないことをしたと謝っていることから、ずいぶんといい人という印象を受ける。おそらく伊藤正裕さんの嘘の自慢話を信じ込んでしまい、本当に世界レベルでゲームが上手いと思ってしまったのだろう。まさか全てが嘘だったとは…。そんな病的な嘘をつくとは…。
(7)太田市が「伊藤正裕さんは契約更新なし」と発表。明後日から無職に。
誤った情報を報道機関に提供した、産業環境部の板橋信一部長は「市民の信頼を失墜する行為で関係者にご迷惑をお掛けしたことを深くおわびする」と話している。事実確認のための聴取は継続する方針。28日、市役所に苦情や問い合わせの電話が30件以上あったという。
市幹部によると、男性は9月末で契約満期を迎えることから、虚偽発言について処分せず、契約を更新しない方針。
http://www.jomo-news.co.jp/ns/4714750761911795/news.html
以上7つの事実からどうしてこのような事件が起きてしまったのか、その経緯を紐解くことができた。伊藤正裕さんはFacebookで海外の写真をアップしており、本当にドイツ経由でフランスに行ったと友人を騙す偽装工作をしていた。まさかウェブ上で拾ってきた画像だったとは友人は知るよしもなく、「帰ってきたら祝勝会をやろう」などというコメントをしていたのが今となっては悲しい。
ところで太田市といえば佐野研二郎氏にロゴのデザインを依頼し、パクリデザインで騙されたと騒ぎになったことがある。
sanoken_pakuri_out11-680x327

参考:佐野研二郎にロゴデザインを頼んだ太田市美術館が「うちは大丈夫かなぁ…念の為に調査する」と発表→その結果
依頼したのは「おおたBITO太田市美術館・図書館」のロゴで、最終的に市民の大多数の反対を受けて市長が使用断念を決定した。あなたの身の回りに信じられない嘘をつく人はいるだろうか?うっかり騙されないよう気をつけたいものだ。
フォローする
netgeek @netgeek_0915
【ギルティ伊藤の必殺技】
「さーていっちょとってきますか、世界を」
↓→+P
「獲りました」
←→+HS
「300万円を捨ててシード権を選んだ」
↓←+S or HS
「夢は臨時ではない公務員です」
←↓→+S or HShttp://netgeek.biz/archives/83999
2016年9月28日 22:19


 引用元:http://netgeek.biz/archives/84147
対戦型格闘ゲームとは(Wikipedia)

2011_0208fan

対戦型格闘ゲーム(たいせんがたかくとうゲーム)とは、プレイヤーとコンピュータ、あるいはプレイヤー同士が操作するキャラクターが、主に1対1の格闘技(もしくはそれに類する形式)で戦う対戦型コンピュータゲームである。コンピュータゲームのジャンルの一つであり、対戦アクションゲームの派生物のジャンルである。

コンピュータゲームのジャンルにおいてはアクションゲームの一種として分類できる。単に格闘ゲーム、対戦ゲーム、格ゲーと略されることや、格闘アクションゲームという別称で呼ばれることもある。大別して、上下左右の動きだけで奥行きのないもの(2D)と、奥行きのあるもの(3D)の2種類がある。
プレイヤーは多数のキャラクターの中から自分の使用するキャラクターを選び、互いに攻撃しあい相手の体力[1]をなくした方が勝利となるシステムが一般的である。


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%BE%E6%88%A6%E5%9E%8B%E6%A0%BC%E9%97%98%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0
MASAHIRO ITO Facebook

302553048-1474951581_l


 引用元:https://www.facebook.com/masahiro.ito.50951?fref=ts
GUILTY GEARシリーズ

20150517082400
GUILTY GEARシリーズ(ギルティギアシリーズ)は、アークシステムワークスが製作する2D対戦型格闘ゲームシリーズである。略称は「ギルティ」「GG」など。
第1作は自社で販売し、ゼクス以降はサミーが販売元となっていたが、経営統合によりセガ(後のセガゲームス)に移管された。現在はアークシステムワークスの自社ブランドでの販売を行っている。
なお、作品によってはピックパック・エアリアルが開発に関わっている[1]。

キャラクターを前面に出したファンタジー系の世界観、派手なビジュアル、痛快なコンボシステム、ハードロック・メロディックスピードメタル風のサウンドなど、往年の格闘ゲームには見られなかった要素を含むことで多くのファンを獲得し、日本国外にまで進出するヒットシリーズとなる。なお、物語は「魔法の理論化により発生した紛争から生み出された生命体『ギア』を巡る多くの人々の戦い」を一貫して描いている。
開発のトップを務めるゼネラルディレクター・石渡太輔は、システム・シナリオ・デザイン・BGM・ボイスキャストと大部分に関与している。そのため、キャラクター名や技名は石渡の趣味であるハードロックやヘヴィメタルのバンド名やプレイヤー名に由来するものが多い。


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/GUILTY_GEAR%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA




以下、Twitter民の反応




ギルティ伊藤事件

メーカー「むしろ宣伝になったし構わん」
スタンフェスト主催者「なんの問題もない。むしろよければ招待する」

優しい世界

@kuroinusha スタンフェストの主催者が「来年の大会には是非参加して欲しい」とかコメント出しててほっこりしました。

フランスの大会主催者、優しすぎ・・・彼のしたことには一切触れず、「スタンフェストの名前がこんなに有名になってうれしい。彼には来年のスタンフェストにぜひ出てほしい」だって

スタンフェストの主催者マジでいい人やな

たしかこの前のスタンフェストでは、ウメハラ選手が大会に出場したり、STGのプレイアブルイベントがあったりして、主催者は日本のゲーマーをリスペクトしているなと思った。

ギルティ伊藤くんは、この際だからプロめざそ? スタンフェスト主催者も出場待ってるって言ってくれてるしな!

スタンフェストの主催者から好意的に受け取られるとか伊藤さんやるじゃん?事実上の招待もらってるじゃん?

スタンフェストの主催者良いコメントやなぁ。

すばら主催者さん。来年のスタンフェスト行ってみたいね。

スタンフェスト主催者マジイケメン

ギルティの伊藤君今月いっぱいで契約満期だったのか。
記事を信じるならば更新しないって書いてあるから10月から無職か・・・。
スタンフェストの主催者が来年5月に会いに来て欲しいってインタビューに答えているけれど、これは実現しそうにありませんね。。。

ギルティ伊藤、パスポートの申請が間に合わなかったのを理由にしてるけど、オータムスタンフェストは存在する体でいくのか…
とくダネはスタンフェストの主催者にコメント求めてるし、なんか勘違いしたままなんじゃないか?

やだ…スタンフェストの主催者のコメント、かっこいい

ギルティ伊藤、報道を知ったスタンフェスト主催者が来年の大会に招待したいって発言したらしくて大草原。

スタンフェストの主催者の対応大人すぎて濡れた

スタンフェストの主催者はエメリックさん、めっちゃいい人。 覚えた。

とくダネでギルティ伊藤の話やってたけど、スタンフェスト主催者の言葉があまりにも温かすぎて笑う

スタンフェストの主催者にインタビューするなwwww

@benten_69_2525 ニュースエブリ。CMまたぎで結構長い時間特集されてた…。取材先は役所だけじゃなく、本家本元のスタンフェスト主催者にまでしてて真顔になったわ…。ギルティの映像めっちゃ流れたし…とても複雑な気分…

この大会の主催者は、よく知られている「スタンフェスト」の主催団体とも関係ないはずだという。強いゲームプレイヤーが毎回出てくるような大会ではなく、出場者もそのつど異なるそうだ。新聞社からの取材は、自身や市役所が打診したわけではないという。

「この大会の主催者は、よく知られている「スタンフェスト」の主催団体とも関係ないはずだという。強いゲームプレイヤーが毎回出てくるような大会ではなく、出場者もそのつど異なるそうだ。」

ヤバイな・・・。

ギルティ伊藤が本当にスタンフェストに特別招待されてTOPANGAがファイトクラブを復活させてギルティ伊藤を鍛え直す、ぐらいの熱いストーリーが見たい。

でも本当にギルティー伊藤いなかったらスタンフェストっていう大会名が日本の地上波で流れること一生なかっただろうな

ギルティ伊藤事件

メーカー「むしろ宣伝になったし構わん」
スタンフェスト主催者「なんの問題もない。むしろよければ招待する」

優しい世界

ギルティ伊藤が本当に来年のスタンフェスト招待選手になる可能性が出てきたって話見て朝からほっこりした

来年伊藤正裕君がスタンフェストでアリューン倒したらマジですごいと思う

ギルティ伊藤くんは、この際だからプロめざそ? スタンフェスト主催者も出場待ってるって言ってくれてるしな!

ニュースで見たギルティ伊藤の話題が面白すぎるwwまさか秋にもスタンフェストやってたなんてたまげたなぁ…

スタンフェストの主催者から好意的に受け取られるとか伊藤さんやるじゃん?事実上の招待もらってるじゃん?

ギルティ伊藤さん普通に強い説出てきた
今からパスポート取って来年のスタンフェストで真実にしてくれるの楽しみにしてる

エメリック・レネさんあったけえ…
伊藤さんもスタンフェスト行こうぜ

アーク ギルティ伊藤のスポンサーになってあげてよ 来年のスタンフェストに謝罪もかねてツアー行こう

伊藤君は次のトパンガ弟子企画の時に上京して修行して、本当にスタンフェストで優勝して

スタンフェストにギルティ伊藤招待ワンチャン?

ギルティ伊藤、来年スタンフェスト招待されそう

え、ギルティ伊藤さん来年5月のスタンフェストに渡仏するってマジ!?

ど〜〜も〜〜ギルティ伊藤で〜〜す!!
スタンフェスト優勝フォーーーーー!!!

ギルティの伊藤君今月いっぱいで契約満期だったのか。
記事を信じるならば更新しないって書いてあるから10月から無職か・・・。
スタンフェストの主催者が来年5月に会いに来て欲しいってインタビューに答えているけれど、これは実現しそうにありませんね。。。

ギルティ伊藤くん自由契約か。これでできた時間を練習に費やして、本家スタンフェストで優勝するというストーリー期待してる

ギルティ伊藤さん来年のスタンフェスト目指して頑張れよw

ギルティ伊藤、パスポートの申請が間に合わなかったのを理由にしてるけど、オータムスタンフェストは存在する体でいくのか…
とくダネはスタンフェストの主催者にコメント求めてるし、なんか勘違いしたままなんじゃないか?

優勝したと嘘をつき大恥をさらした無職になったギルティ伊藤が一念発起し、来年のスタンフェストに出て優勝をかっさらったら映画化決定。

アークシステムワークスさんは内心ラッキーと思ってそう
実質無料広告やんw
あとスタンフェスト主催も 伊藤さんだけちょっと居たたまれない感じになっちゃってるが

こっから無職タイム使って恐ろしいほどの練習積み重ねた伊藤氏が次のスタンフェストで優勝して職場に凱旋するまでがシナリオでしょ?

ギルティ伊藤、報道を知ったスタンフェスト主催者が来年の大会に招待したいって発言したらしくて大草原。

とくダネでギルティ伊藤の話やってたけど、スタンフェスト主催者の言葉があまりにも温かすぎて笑う

スタンフェスト2017、そこで優勝するギルティ伊藤の姿が。#まあ見てなって #過去の遺物

どうせなら

10年後…

フランスの格ゲー世界大会、スタンフェストの決勝戦でガッツポーズを掲げるギルティ伊藤さんの姿がっ…!!

とかなってほしい

@kindevu マジです笑
『オータムスタンフェストで伊藤さんがギルティで優勝したという虚偽の報道』
のニュースで
『本場スタンフェストで別の伊藤さんがギルティをプレイしている様子』
っていう面白すぎる構図で笑いが止まりませんでした笑

テレビでスタンフェストの映像流れて名古屋の伊藤さんが映ったって?

TL見ててなるほどなぁと思ったんだが

伊藤「うーん…一週間くらい仕事休みたいなぁ…あ、今ゲームの世界大会とかあるんや!スタンフェスト?よし、これに出たことにしよう!写真は適当に拾ってFBに投稿…せっかくだから優勝したことにしようwwwww誰も裏とらんやろwwwww」

@l88888l まぁ地獄よなぁ

伊藤さんの方はスタンフェストとアークに問い合わせしたメディアもいるみたいだしこっちは完全にフリータイムの死体蹴りかな。

職場が早々に尻尾切り態勢なのもアレ。臨時じゃなくても危うそうだけど。