CuJe5sEVYAAb7om

CuSRd-qUkAA8-7-
石見銀山とは(Wikipedia)

165553f6b3f0971f6_m
石見銀山(いわみぎんざん)は、島根県大田市にある、戦国時代後期から江戸時代前期にかけて最盛期を迎えた日本最大の銀山(現在は閉山)である。上述の最盛期に日本は世界の銀の約3分の1を産出したとも推定されるが、当銀山産出の銀がそのかなりの部分を占めたとされる[1]。大森銀山(おおもりぎんざん)とも呼ばれ、江戸時代初期は佐摩銀山(さまぎんざん)とも呼ばれた。明治期以降は枯渇した銀に代わり、銅などが採鉱された。本項では石見銀山の概要と歴史、および2007年に認定された世界遺産としての石見銀山についても言及する。

鉱脈は石見国東部、現在の島根県大田市大森の地を中心とし、同市仁摩町や温泉津町にも広がっていた。日本を代表する鉱山遺跡として1969年(昭和44年)に国によって史跡に指定。2007年(平成19年)6月28日にニュージーランドのクライストチャーチで開催されていた第31回世界遺産委員会でユネスコの世界遺産(文化遺産)への登録が決まり、7月2日に正式登録された。一般に銀山開発においては銀の精錬のため大量の薪炭用木材が必要とされたが、石見銀山では適切な森林の管理がなされたことにより環境への負荷の少ない開発がなされ、今日に至るまで銀山一帯には広葉樹などを含む森林が残されてきている点が特に評価されている[2](後述の「登録までの経緯」の節参照)。2007年には日本の地質百選にも選定されている。


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E8%A6%8B%E9%8A%80%E5%B1%B1
世界遺産とは(Wikipedia)

mv04
世界遺産(せかいいさん)は、1972年のユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」(世界遺産条約)に基づいて世界遺産リストに登録された、遺跡、景観、自然など、人類が共有すべき「顕著な普遍的価値」を持つ物件のことで、移動が不可能な不動産やそれに準ずるものが対象となっている。

歴史
国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の設立後、1954年ハーグ条約が採択され、武力紛争の際にも文化財などに対する破壊行為を行うべきでないことが打ち出された。

日本は、先進国では最後の1992年に世界遺産条約を批准し、125番目の締約国となった[2](同年の6月30日に受諾書を寄託、9月30日に発効[3])。なお、現在のリストでは124番目となっているが、これは日本の締約後にユーゴスラビア解体によって繰り上がったことによる。日本の参加が他の国と比べて遅れたのは、国内での態勢が未整備だったためとされるが、他方で世界遺産基金の分担金拠出などに関する議論が決着しなかったためとも指摘されている[2]。

2014年には世界遺産の登録件数が1,000件を突破した。2016年の第40回世界遺産委員会終了時点での条約締約国は192か国、世界遺産の登録数は1,052件(165か国)となっている[4]。


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E9%81%BA%E7%94%A3
出雲国とは(Wikipedia)

出雲大社
出雲国(いずものくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。山陰道に属する。

「出雲」の名称と由来
「出雲」という国名の由来は、雲が湧き上がる様子をあらわした語「稜威母(イズモ)」という、日本国母神「イザナミ」の尊厳への敬意を表す言葉からきた語、あるいは稜威藻という竜神信仰の藻草の神威凛然たることを示した語を、その源流とするという説がある。ただし歴史的仮名遣では「いづも」であり、出鉄(いづもの)からきたという説もある。

領域
明治維新の直前の領域は、島根県松江市、安来市、雲南市および出雲市の大部分(多伎町神原を除く)、大田市の一部(山口町山口・山口町佐津目)、仁多郡の大部分(奥出雲町八川字三井野を除く)、飯石郡の大部分(飯南町塩谷・井戸谷・畑田を除く)にあたる。
別称雲州(うんしゅう)[1]
所属山陰道
相当領域島根県東部
諸元
国力上国
距離中国
10郡78郷
国内主要施設
出雲国府島根県松江市出雲国府跡
出雲国分寺島根県松江市(出雲国分寺跡)
出雲国分尼寺島根県松江市
一宮出雲大社(島根県出雲市
熊野大社(島根県松江市)


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%87%BA%E9%9B%B2%E5%9B%BD
自動販売機とは(Wikipedia)

j30
自動販売機(じどうはんばいき)とは、不特定多数の人間が通貨(貨幣)もしくはそれに代替するカードなどを投入して対価を払うことで自動で物品の購入やサービスの提供を受けることができるようにした機器[1][2]。顧客が代金を支払って自らの希望に応じてボタン操作等をする事により人手を介さずに商品の引渡しや釣り銭の処理が可能である。自販機(じはんき)とも略される。もっとも身近なロボットであるともいえる。
乗車券や食券などの券を販売する機械は「(自動)券売機」とも言う。

概説
販売の形態としては対面販売でなく、買主は売主があらかじめ設置した機械を操作して商品を購入する。営業の効率化や人件費の削減など様々な目的のために導入される。自動販売機の多くは電気式もしくは硬貨の重量や購入者による操作による機構で作動する[3]。


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%B2%A9%E5%A3%B2%E6%A9%9F



以下、Twitter民の反応





@kachango_f FF外から失礼します。来週修学旅行で石見銀山行くのでこの自販機見つけたら撮ってきたいと思います!



石見銀山の木造自販機をTwitterで見れるなんて多少は島根も人気になったのでしょうか(ほっこり)


静岡も見習って欲しい…良いことはどんどん真似した方が良いと思うの… twitter.com/kachango_f/sta…


あ、これはスゴイ。あと、自動販売機から発生する騒音。これも街の景観を壊しているんですよね。 twitter.com/kachango_f/sta…














なんとも芸術的な(*´ω`*) すんばらしい♪ コカ・コーラさんが発注しかねないレベル。 twitter.com/kachango_f/sta…

こういう気遣いみると、景観って大事なんだなぁと再認識する(`・ω・´)ムー twitter.com/kachango_f/sta…



銀行を両替商という名にしてる彦根にもこういうの必要だと思う(´・ω・`) twitter.com/kachango_f/sta…


この自販機に合わせた商品が出てきたらヒットしそう。 twitter.com/kachango_f/sta…

世界遺産という景観を守るために造られた手作りの逸品。芸術です。 twitter.com/kachango_f/sta…




SUGEEEEEEEEEEEEEEEEEEE
こんなのすごすぎる!
補充の時に外せるようになってるはずだけど、そのあたりのギミックも見てみたいかも。流石にそこはそんな凝ったつくりにはなっとらんだろうけども。 twitter.com/kachango_f/sta…

景観保護系の取り組み全般に言えることだけど、これもただ木枠で覆うだけでなく、自販機だって分かるサインを付けるべきだよね。 twitter.com/kachango_f/sta…

この自販機でお茶買った!
石見銀山は銀山周辺の村も素朴でかわいい雰囲気だから是非行ってほしいな〜 twitter.com/kachango_f/sta…


これは面白い。もしも平賀源内が自販機を発明したらこんな感じなのかな...? twitter.com/kachango_f/sta…


コレ、素晴らしいですね。こんな自販機は昔だって無かったんですが、美意識と言うか郷土愛に溢れている。 twitter.com/kachango_f/sta…



これいいなぁ、うちの地元も採用しないかな。 twitter.com/kachango_f/sta…



出雲って島根県だからね!!!!
まえ、クラスで島根県の知名度が低いこと分かったから、少しでも上がりますように!! twitter.com/kachango_f/sta…







素敵ですね!
伝統文化と時代性の両立、
こういう発想が
これからの世界を救うと
思います。
きっと日本人が
世界で一番得意なこと
なんじゃないかな。 twitter.com/kachango_f/sta…