ToLOVEるダークネス ネタバレ 72話 「Black and darkness~伝える想い~」【ジャンプSQ】

ToLOVEるダークネス ネタバレ 72話 「Black and darkness~伝える想い~」です。
003-004
クロナレーション
「あの時___」

【クロ・回想】

瓦礫の山の上でヤミとクロが対峙している。

クロ
「…なぜオレを狙う。オレたちが戦う理由はもうないはずだ。お前を兵器として仕立てあげた組織はオレが潰した」

ヤミ
「好きに生きろ…と?戦い以外の生き方なんか」
11_012

【回想終了】

クロ
(…オレは、お前に自分を重ねていたのかも知れない)

オーラを身に纏うクロ。対峙するは角を生やし姿を変えたヤミ。

ToLOVEるダークネスネタバレ72ToLOVEるダークネスネタバレ72

ネメシス
(ダークネス!! クロへの闘争本能で再び目覚めたのか…?それとも…)

キィィンという音が響き、ダークネスがクロの方へと足を踏み出す。その時。
11_014

クロ
(地面を変身(トランス)!?)

距離を取りながら銃撃で土の手を砕いていくクロ。

するとその後方の空間に穴が開き、中から複数の刃が現れる。咄嗟にハーディスの銃身で防ぐクロ。

クロ
「ちッ(性能(スペック)が跳ね上がっている…)」
11_017

表情を崩さず攻撃を続けるダークネスを見たリトが慌てる。

リト
「わわっ、ヤミ!!ぼ、暴走してんのか!?」

リトの傍に衝撃波が飛んでくる。

リト
「わっ」

驚いたリトはふらついた拍子にメアのパンツをずり下ろし、顔を押し付ける。
11_019
変身(トランス)で翼を出し、クロの銃弾を躱し再び距離を取る。

クロ
(以前…地球で久々に再会したお前は、前に進めたように見えたんだけどな。
所詮兵器は兵器……殺し屋は殺し屋…か。 ならば!!)
11_021
11_022

リト
「うわわわわっ。ヤミ!!」

両者の技がぶつかりあった所からは黒煙が立ち込めていた。

クロ
(…これほどとは…オリハルコン製のハーディスを…)

ハーディスの砲身は粉々になり、煙を立たせている。

クロ
(しかし……どういうことだ?あれだけのエネルギー……押し負けたオレも…この街もなぜこの程度で済んでいる…?
意図的に範囲を絞らない限り……まさか……)

クロと煙を隔てた先に立つヤミ
「さすがですねクロ……プリンセス・ララと押し合った時より本気出しました…」

クロ
「………」
11_025

恥じらうヤミに向かって走ってくるリト
「ヤミ!! もうやめるんだっ」

勢い良く足を滑らせ…ヤミへと突っ込む。

リト
「あっ」

二人が一緒に倒れ込む。

メア
「!! リトせんぱい…ダークネスを解くためにまた自分の意志でえっちぃ事を!!」

ネメシス
「……いや違うな。ありゃいつもの不可抗力(ヤツ)だ」立ち上がり声を荒げるヤミ
「何やってんですか!!まったく…いつもいつもあなたって人は!!!」

リト
「ゴっ…ゴゴゴメン!!で…でももうやめてくれ!!そんな力これ以上暴走させちゃダメだ!!」

ヤミ
「は!?あなたを助けるためにやってるんですよこっちは!!」

リト
「オレを助けるため……!? …ってあれ?もしかして暴走…してないの?」

ヤミ
「当たり前です!」
11_030

一同
「!」

ヤミ
「クロは強敵です。地球でなまった私に勝ち目はない…
戦闘不能にするためには、ダークネスの力を使うしかありませんでした」

リト
「でも…前にダークネスになった時のヤミは……」

ヤミ
「たしかに……あの時は制御不能でした。でも…今回は、“できる確信”がありましたから」

リト
「確信……って」

ヤミ
「前に目覚めたことで身体が覚えてましたし、それに…自覚…できましたから。その…あなたが…私の標的(ターゲット)だってこと……だから…もう私の心はブレません……」

リト
「へっ?標的(ターゲット)って……昔から言ってたじゃん、何を今更」

ヤミ
「もうっ。鈍いですねあなたはっ!!」
11_033

ヤミは顔を真っ赤にして目をそらす。

赤面のリト
「えっ。…えっ!?」

メア
「ヤ…ヤミお姉ちゃん!!ドサクサに紛れてついに!!」

ネメシス
「そういうことか…」

クロ
「フ……どうやらオレは思い違いをしていたようだ」
11_035

クロ
「オレも…お前と変わらない。幼い時に宇宙の調停者を気どったある組織に拾われ……暗殺者として作り上げられた。
だからかもな。“兵器”として生まれたお前に…オレは、自分の運命を重ねていたんだ…」

ヤミ
「クロ…」

クロ
「任務失敗……オレの負けだな」
11_037

クロ
「いや…“ヤミ”…」

そう言ってクロは夜の闇へと姿を消した。

リト
「えっ、えと…ヤミ?オレ…そのっ…」

ヤミ
「わ…私が言った事は気にしないでください!それより美柑が心配してますからとりあえず家に…………」

リト
「あ…そ、そっか!うん!戻ろう、ここにいたら騒ぎになるかもだし……」

坂を登っていくリト。

メア
「ヤミお姉ちゃん!いいの?告白の返事聞かなくて」

ヤミ
「い…今は別に……」

リト
「うわわわっ」

ヤミ
「!」メア
「あ!あいつ……」

ヤミ
「暴虐のアゼンダ…彼女が絡んでいましたか」

トランス能力を使おうとするヤミだが

ネメシス
「…心配するな。相手が女ならリトは無敵だ」

ネメシスがそう言うや否やリトが足を滑らす。

リト
「わっ」

アゼンダ
「えっ」

リトを掴んでいたアゼンダは転がり落ちるリトの巻き添えに。

転がりながらアゼンダ
「おい。ちょっ」

メア
「さっすがせんぱい!!」

ネメシス
「な!言った通りだろ」

ヤミ
「……」

ネメシス
「しかし驚いたぞ。まさか恋心でダークネスが制御できるとはなぁ」

ヤミ
「…ネメシス。結城リトを守ろうとしてくれたようですけど。何か心変わりでも?」

ネメシス
「ま…色々あってな。……」

ネメシス
(しかし…留守の間にこの展開、モモ姫が知ったらどんな反応するかな。くくく……)

その頃、デビルーク星では…

セフィ王妃
「パーティは疲れたかしら?モモ」

モモ
「そんなことありませんわ、お母様?」
11_046


 引用元:http://xn--5ck1aka3lb3562i0ekea.com/archives/68623
今月のToLOVEるBlackCatすぎワロタwwwwwwwwww

oaTHlFb
I6AL7l8
siKexOr
2LWZl2G
g8mOkVn
uyL1IRI
FBRyZeb
KlGsntk
pGqha5F


 引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1475651887/
BLACK CATとは(Wikipedia)

608900122
『BLACK CAT』(ブラック キャット)は矢吹健太朗による漫画。およびそれを原作としたアニメなどの関連作品の総称。

概要
『週刊少年ジャンプ』(WJ、集英社)誌上において2000年32号から2004年29号まで連載。『邪馬台幻想記』の次となる矢吹2作目の連載作品。単行本はジャンプ・コミックスより全20巻。累計売上部数は1200万部。単行本発売後の2006年には『WJ』と『月刊少年ジャンプ』の合同特別編集増刊号『ゴー!ゴー!ジャンプ』1月25日増刊号に描き下ろしの読切(超短編)が掲載された。この読切は、2005年から2006年にかけて発売された文庫版(全12巻)の最終巻に収録されている。
最終刊巻末の作者コメントにて、実はまだ第一部完の扱いであり、いつか続きを描きたいとしている。
なお、本作品の登場人物の一部は次回作『To LOVEる -とらぶる-』、および『To LOVEる -とらぶる- ダークネス』に設定を変えて再登場している。

あらすじ
「秘密結社クロノス」に暗殺者としての優れた才能を認められ、クロノスの精鋭部隊ナンバーズ特例の13人目として採用された、トレイン=ハートネットは、抹殺者(イレイザー)として暗躍し、裏の世界では、通称「ブラック・キャット」と呼ばれていた。
ある日、彼は掃除屋のミナツキ=サヤと出会い、彼女の影響から組織の暗殺者を辞めて、掃除屋として生活しようとする。しかし、それを快しとしないクロノスでの相棒・クリード=ディスケンスにより、サヤを殺されたトレインは掃除屋として、クリード率いる狂気の革命集団「星の使徒」との壮絶な戦いに身を投じていく。
BLACK CAT
ジャンル少年漫画格闘  
漫画
作者矢吹健太朗
出版社集英社
掲載誌週刊少年ジャンプ
レーベルジャンプ・コミックス(JC)
集英社文庫(文庫)
発表号2000年32号 - 2004年29号
発表期間2000年7月10日 - 2004年6月14日
巻数全20巻(JC)
全12巻(文庫)
話数全178話
小説:BLACK CAT 星の残照
著者大崎知仁
イラスト矢吹健太朗
出版社集英社
レーベルジャンプ ジェイ ブックス
発売日2005年10月
アニメ
原作矢吹健太朗
監督板垣伸
シリーズ構成神山修一
キャラクターデザイン秋山由樹子
音楽岩崎琢
アニメーション制作GONZO
製作TBS、BLACK CAT製作委員会
放送局TBS系
放送期間2005年10月6日 - 2006年3月30日
話数全24話(未放送1話)
ゲーム:BLACK CAT ?機械仕掛けの天使?
ゲームジャンルアクションアドベンチャー
対応機種PlayStation 2
発売元カプコン
プレイ人数1人
発売日2006年3月30日
レイティング全年齢対象
ゲーム:BLACK CAT ?黒猫の協奏曲?
ゲームジャンルカード式アドベンチャー
対応機種ニンテンドーDS
発売元コンパイルハート
プレイ人数1人
発売日2007年6月21日
レイティングA(全年齢対象)


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/BLACK_CAT
To LOVEる -とらぶる-とは(Wikipedia)

49096884

『To LOVEる -とらぶる-』(とらぶる、以下『TL』)は、矢吹健太朗(漫画)・長谷見沙貴(脚本)による日本の漫画、およびそれを原作とするアニメ。本項では、本作品のスピンオフ作品、『To LOVEる -とらぶる- ダークネス』(とらぶる ダークネス)

男子高校生・結城梨斗を主人公とし、三角関係を軸に展開されたラブコメディ作品。ヒロインであるララや春菜はもちろん、登場する女性キャラクターのほとんどが、美女・美少女として描かれているのが特徴。また、少年誌の限界ともいえる過激なお色気の描写(下着や裸体の描写)が多く、単行本では本誌連載時から修正され、より過激になっている。それ故、海外版では現地出版社において修正のうえ発行されている場合がある(裏表紙に修正された旨記載されている。台湾東立出版社等)。

Amazon.co.jpに記載されている『To LOVEる -とらぶる- ダークネス』のBD・内容紹介の文章によると、本作と前作『To LOVEる -とらぶる-』を合わせた単行本のシリーズ累計発行部数は1000万部を超えている。
2012年10月から12月までTVアニメ第1期が、2015年7月から10月までTVアニメ第2期が放送された。
To LOVEる -とらぶる-
ジャンル少年漫画学園SFハーレムもの
漫画
原作・原案など長谷見沙貴
作画矢吹健太朗
出版社集英社
掲載誌週刊少年ジャンプ
レーベルジャンプ・コミックス
発表期間2006年21・22号 - 2009年40号
巻数全18巻
話数全162話
漫画:To LOVEる -とらぶる- ダークネス
原作・原案など長谷見沙貴
作画矢吹健太朗
出版社集英社
掲載誌ジャンプスクエア
ジャンプSQ.19
レーベルジャンプ・コミックス
(JUMP COMICS SQ.)
発表期間ジャンプスクエア
2010年11月号 - 連載中
ジャンプSQ.19
2010年冬号 - Vol.15
巻数既刊15巻(2016年1月現在)
アニメ
アニメ:To LOVEる -とらぶる-
監督加戸誉夫
シリーズ構成大和屋暁
キャラクターデザイン岡勇一
音楽渡辺剛
アニメーション制作XEBEC
製作とらぶる製作委員会、TBS
放送局放送局参照
放送期間2008年4月 - 2008年9月
話数全26話
OVA:To LOVEる -とらぶる- OVA
原作矢吹健太朗、長谷見沙貴
監督加戸誉夫
キャラクターデザイン岡勇一
アニメーション制作XEBEC
製作とらぶる製作委員会
発表期間2009年4月3日 - 2010年4月2日
話数全6巻
アニメ:もっとTo LOVEる -とらぶる-
監督大槻敦史
シリーズ構成山田靖智
キャラクターデザイン岡勇一
音楽渡辺剛
アニメーション制作XEBEC
製作もっととらぶる製作委員会
放送局放送局参照
放送期間2010年10月 - 2010年12月
話数全12話
アニメ:To LOVEる -とらぶる- ダークネス(第1期)
To LOVEる -とらぶる- ダークネス 2nd(第2期)
監督大槻敦史
シリーズ構成大槻敦史
キャラクターデザイン岡勇一
音楽渡辺剛
アニメーション制作XEBEC
製作とらぶるダークネス製作委員会(第1期)
とらぶるダークネス2nd製作委員会(第2期)
放送局放送局参照
放送期間第1期:2012年10月 - 12月
第2期:2015年7月 - 10月
話数第1期:全12話
第2期:全14話


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/To_LOVE%E3%82%8B_-%E3%81%A8%E3%82%89%E3%81%B6%E3%82%8B-
金色の闇とはピクシブ大百科)

20151031_1211055

「結城リト、あなたをこの手で始末するまで、私は地球に留まる事にします」

元々は「BLACKCAT」のヒロイン、イヴのパラレルキャラ。そのため、性格以外はほぼイヴと同じ(アニメ版の中の人も同じである)。

本編ではアンチヒロインのような役回りだが、続編『ダークネス』ではモモと共にメインヒロインの座に抜擢される。

自身の意思で身体の一部を自由な形に変えられる変身(トランス)能力を持つ。
生まれてからずっと一人で、生きる価値を見いだせず殺し屋として生計を立ててきた苦労人。

様々な戦場を駆け抜けては命がけで任務を遂行し、「宇宙一の殺し屋」とまで呼ばれるようになった。

金色の闇というのも所謂コードネームであり、本名は一切明かされていない。

初登場は原作35話。結城リト抹殺の命を受け地球に降り立つ。
しかし、依頼者のラコスポが与えていた情報がまったくのデタラメだったことから契約は実質上の帳消し状態となった。
だが、彼女は「一度受けた仕事は必ずこなす」事をモットーとしているため、標的(ターゲット)のリトをいずれは殺すと宣言(本人曰くきまぐれで生かしているだけらしいが)。
彼を監視するために地球に在住することとなった。

性格は至って真面目。常に丁寧語口調で、相手を呼ぶときは常にフルネームである。

プロフィール
身長153cm
体重45kg
誕生日12月24日
血液型AB型
スリーサイズB75/W52/H77
バストサイズB
特技変身(トランス)能力、格闘
好きなものたい焼き、読書
苦手なものニュルニュルしたもの
好きな映画ジャンルホームドラマ、時代劇
CV福圓美里


 引用元:http://dic.pixiv.net/a/%E9%87%91%E8%89%B2%E3%81%AE%E9%97%87



以下、Twitter民の反応




To LOVEる ダークネス読んだけど、完全にブラックキャットの最終巻オマージュな内容で普通に鳥肌立ったわ

To LOVEる開始時のぼく「お、矢吹さん新しい漫画描くんか。ブラックキャット面白かったし今回もカッコええんやろうな」

ちょっと待って、To LOVEるにトレイン出てるの!?!?待って?待って??コレブラックキャット??それともTo LOVEる??僕ブラックキャット死ぬほど好きなんですけど!!

To LOVEる、ブラックキャットに路線変更したの?

最近のTo LOVEるダークネスにブラックキャットのトレイン出てるんだねぇ。 今の画力でもう一度ブラックキャット見てみたいわ

@nanohanootto525
まぁTo LOVEる読んでないから
なんでもいいんだけど(言っただけ

ブラックキャット普通に面白いし
キャラも可愛い子多いからお勧めよ_( _´ω`)_

ブラックキャット知らない
To LOVEる勢はにわかってそれいち

スクエアでTo LOVEる読んだけど、ぱっと見トレインとイヴだしブラックキャット読みたくなった

To LOVEるダークネス最新話にBLACKCATのトレインが出ててしかもレールガン撃ってたから俺にとってはおっぱいとかより数倍サービスシーンやった。懐かしい

To LOVEるにトレイン出てるんだ。BLACKCAT結構好きだった

To LOVEるダークネス見てて思ったけどクロってトレインじゃないんだろな。トレインのハーディスって爆裂電磁砲撃ってぶっ壊れてて、小説版では外装だけスヴェンが直しただけだったし…

ちょっと待って、To LOVEるにトレイン出てるの!?!?待って?待って??コレブラックキャット??それともTo LOVEる??僕ブラックキャット死ぬほど好きなんですけど!!

To LOVEるにトレイン出てるってガチ?
トレイン出てるなら読みたい。

アニメで動くトレインが見たいんだけど、
To LOVEるって今もアニメやってるっけ?
トレイン出すまでがんばれ。
トレイン回だけ録画したい。

なんでトレインがTo LOVEるに出てるんですか!!!!!!???

BLACK CAT好きだからこそ、To LOVEる好きじゃない……矢吹先生のイヴらしきキャラ、トレインらしきキャラが見れるのは嬉しいけれど、けど、私はBLACK CATが読みたいんじゃ……………………………

最近のTo LOVEるダークネスにブラックキャットのトレイン出てるんだねぇ。 今の画力でもう一度ブラックキャット見てみたいわ

今号のTo LOVEるにトレイン出てたー!!
やっぱBLACK CAT好きだわ〜〜^ - ^

スクエアでTo LOVEる読んだけど、ぱっと見トレインとイヴだしブラックキャット読みたくなった

ちょ、今月のTo Loveるやばいって!!!!!
ヤミが
ヤミがぁぁぁぁあーー


金髪の横たわってる豊満なお胸をしたお姉さんのフィギュア(なんの作品かは知らない)一瞬To LOVEるのヤミちゃんかと思って、ふるたし読むのかぁ...って早とちりした

TO LOVEる
掲載10年目にしてやっとやっと・・・ヤミちゃんがはっきりリト君に対して恋心を告白したようですね。これこそ真のツンデレ。
アニメ1話でデレるチョロインとはワケが違う。そりゃ人気なわけだよ。
次の単行本を買うのがとても楽しみになりました。

to loveるめっちゃヤミ派の人おるけど自分はもも派なんだよなー
そりゃどっちも可愛いけどさw
自分の中ではこの2人がズバ抜けてる感ある

To LOVEる絵とヤミと美柑好きだけど工口展開多すぎてみる気が起きない

色々聞かれて話してたけど思っきし俺To LOVEるのヤミちゃんの同人誌読んでたから焦ったわ

ちょっと待て、今月のTo LOVEるのヤミちゃん可愛すぎだろ

マジで今月のTo LOVeるダークネスのヤミが可愛すぎる……(*´ω`)

最新のTo Loveるダークネスのヤミちゃんやばいだろwww

ありゃ〜反則!!!!!一位だわ!!

今まで言えなくて今回やっと言えたって事で終わりに近づいてる感半端ないけど、終わらないで欲しーー

ジャンプスクエア読み終わったけどTo LOVEる ダークネスがめっちゃ面白いなあ…可愛いなあ…ヤミちゃん…

To LOVEる巻頭カラーのヤミちゃんかわうぃー( ^ω^ )
つーかクロとヤミが出てくるとBLACK CATにしかならない。クロかっこいい。ヤミちゃんがついに告った!?!?

今月のTo LOVEるダークネスのヤミ、完全にリトに告白してるよね

デレたヤミちゃんめっちゃかわいいな……っていうかTo LOVEるのヒロインで照れながら好意をちゃんと伝えてくるキャラって初めてじゃない……?

To LOVEる、ついにヤミがリトを恋のターゲットに・・・今後の展開に大注目ですね。

昔ジャンプでTo Loveるやってた時スヴェンがヤミちゃん向かいにくると思ってた