CuaFrmkUsAA0F_6
CuaFrmmUEAAbamh
CuaFrmoUAAA5bNJ
CuaFrzXUsAEVJVF

CuaY9ECVYAM2Wu1
CuaZAbFVUAA-9ec
CuaZBM4UMAA3-CX
CuaZBcHVUAA8HAy

CuaZBcHVUAA8HAy

CuaiYcCVUAEs-uK





CuZcjMQUEAALd66



CuenyxUVMAE-WzJ
速報!第2回TV討論「トランプ善戦」の不思議

img_b35d96ccb738e54113363eb85c94673a43401
第2回討論会は、文字通りの「中傷合戦」だった(写真:REUTERS/Jim Young)
米国時間の9月26日夜に行われた第1回テレビ討論会(前回記事「速報!TV討論でヒラリーが圧勝できたワケ」を参照)で、民主党のヒラリー・クリントン候補に圧倒的な力量の差を見せつけられた共和党のドナルド・トランプ候補。その後の脱税報道やきわめて下劣な発言テープの暴露などにより、地滑り的に支持を失う中、10月9日、第2回討論会の日を迎えた。

トランプは圧倒的に不利な形勢だ。にもかかわらず、討論会において自滅することはなく、「何とかしぶとく持ちこたえた」印象を受けた。

しかしそうなると、改めて感じるのが、「なんで、こんなトンでもない人が大国アメリカの大統領候補としてここまで、生き延びられているのか」ということだ。一体、誰がどうして、こんな人を支持しているのか、日本人の多くが疑問に思っていることだろう。今回の記事では第2回討論会を振り返りつつ、そのナゾに少し迫ってみたい。

立ち続けたトランプ、座ったヒラリー

今回の討論で際立ったのがトランプの圧倒的なステージパフォーマンス、「場」の支配力だ。
img_4c9791245935c7536cc2dc25b9803b2645890
まるで背後霊(写真:REUTERS/Rick Wilking)

前回と異なり、演台はなく、ステージ上に置かれた2つの椅子にそれぞれ腰かけ、順番に立って発言するという形だったが、トランプは立ったまま。ステージ上を自由に歩き回り、ヒラリーが発言している時も「背後霊」のように起立したままで、強烈な威圧感を与え続けた。一方で、ヒラリーは自分の発言が終わると、毎回、席に戻る。思わず、「トランプは立ち続けていられるのに、ヒラリーは疲れているのか」と感じさせてしまうほどだった。
img_29aed705e63d678e769375e1830d139a54227
ヒラリーは相手の発言を座って聞いていた(写真:REUTERS/Jim Young)

ヒラリーは言葉のキレもそれほどなく、前回ほどの余裕はうかがえない。前回は、ヒラリー側によって巧妙に計算され、用意された罠の中にホイホイと入り込み、じたばたするトランプの様子をヒラリーが高みから観察し、ほくそ笑んでいるような構図が見られたが、今回はそうした場面もなかった。

結局は不毛な中傷合戦に終わったが、大手メディアは、この論戦をどのように見たのだろうか。


 引用元:http://toyokeizai.net/articles/-/139769
2016年アメリカ合衆国大統領選挙とは(Wikipedia)

3871_02
2016年アメリカ合衆国大統領選挙(2016ねんアメリカがっしゅうこく だいとうりょうせんきょ、United States presidential election of 2016)は、2016年11月8日に予定されている、第45代アメリカ合衆国大統領および第48代アメリカ合衆国副大統領を選出するための選挙である。
2期に渡って大統領を務めたバラク・オバマの立候補はアメリカ合衆国憲法修正第22条の規定によって認められないため、民主党からは別の人物が民主党予備選挙および大統領選挙に臨むことになった。

主なスケジュール(いずれも現地時間表示)
2016年
7月18日 - 21日:共和党全国大会
7月25日 - 28日:民主党全国大会
9月26日:第1回テレビ討論会
10月4日:副大統領テレビ討論会
10月9日:第2回テレビ討論会
10月19日:第3回テレビ討論会
11月8日:一般有権者による投票および開票
12月中旬:選挙人による投票

2017年
1月上旬:大統領および副大統領当選者が正式決定
1月20日:大統領就任式


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/2016%E5%B9%B4%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%90%88%E8%A1%86%E5%9B%BD%E5%A4%A7%E7%B5%B1%E9%A0%98%E9%81%B8%E6%8C%99
ヒラリー・クリントンとは(Wikipedia)

shutterstock_9087241

ヒラリー・ローダム・クリントン(英語: Hillary Rodham Clinton, 1947年10月26日 - )は、アメリカ合衆国の政治家、弁護士。アメリカ合衆国国務長官、上院議員を歴任。第42代アメリカ合衆国大統領ビル・クリントンの妻であり、1993年から2001年までアメリカ合衆国のファーストレディだった。

生い立ちと教育
1947年、イリノイ州シカゴに衣料品店を営む両親のもとに生まれた。一家はメソジスト教派であり、彼女は白人中産階級が多く住むイリノイ州パークリッジで成長する。父親のヒュー・ローダムは保守主義者であり、繊維業界の大物であった。母親のドロシーは専業主婦であり、ドロシーの両親はドロシーが幼い頃離婚、ドロシーは父方の両親に預けられ寂しい子供時代を過ごした。ヒラリーには二人の兄弟、ヒューとトニーがいる。

ヒラリーは幼少時からスポーツに興味を持ち、テニスやスケート、バレーボールなどを楽しんだ。また早くから政治に興味を持ち、若き共和党員として活動、1964年の大統領選では共和党のバリー・ゴールドウォーター候補を応援するゴールドウォーターガールを務めた。
生年月日1947年10月26日(68歳)
出生地アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国シカゴ
出身校ウェルズリー大学
イェール・ロー・スクール
現職弁護士
所属政党共和党(1968年以前)
民主党(1968年~現在)
配偶者ビル・クリントン
子女チェルシー・クリントン
在任期間2009年1月21日[1] - 2013年2月1日
元首バラク・オバマ

選挙区ニューヨーク州
在任期間2001年1月3日 - 2009年1月21日

在任期間1993年1月20日 - 2001年1月20日
元首ビル・クリントン


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3
ドナルド・トランプとは(Wikipedia)

img_8a1754b721ee53a833d4d3b966a4493893322

ドナルド・ジョン・トランプ(Donald John Trump、1946年6月14日 - )は、アメリカの著名な実業家、2016年アメリカ合衆国大統領選挙候補者。
不動産会社トランプ・オーガナイゼーションの会長兼社長で、トランプ・エンターテイメント・リゾーツの設立者である。アメリカのビジネスシーンでの有名人であり、メディアへの露出機会も際立って多い。その経歴、ブランディングの努力、私生活、豊かな財産、歯に衣着せぬコメントによって、セレブリティとして知られる。
生粋のニューヨーカーであり、父のフレッド・トランプもニューヨーク市の不動産開発業者。 父は、彼の不動産開発事業への関心を育て、トランプはペンシルベニア大学を卒業した後、同大学院ウォートン・スクールに通学しながら、父の会社「エリザベス・トランプ・アンド・サン」を手伝い、1968年に入社した。1971年には会社の経営権を与えられ、社名をトランプ・オーガナイゼーションに改めた。以来、トランプはホテル、カジノ、ゴルフコースその他の不動産を建設し、多くに自らの名前を冠している。
NBCのリアリティ番組「アプレンティス」への出演は、トランプの知名度を更に高め、彼の3回の結婚歴はタブロイド紙で広く報じられた。
2015年6月16日、2016年アメリカ合衆国大統領選挙へ共和党から出馬することを発表。トランプの初期キャンペーンは大々的にメディアの注目を浴び、広く一般の支持を集めた[4]。2015年6月以来、共和党の世論調査では継続してトップの支持率を保っている[5][6][7]。移民に関する発言は、共和党主流派の方針と決定的に相反するという指摘も受けており[8]ワシントン・ポスト、エコノミスト、ニューヨーク・タイムズ、ウォール・ストリート・ジャーナル、ハフィントン・ポストなどのメディアからは大きな批判を浴びている一方で、有権者からの支持を増やすことに繋がった。
生誕Donald John Trump
1946年6月14日(69歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク市クイーンズ
住居ニューヨーク市マンハッタントランプ・タワー
フロリダ州パームビーチ、マー・アー・ラゴ
出身校ペンシルベニア大学(理学士)
職業
活動期間1968年~現在
給料増加2億5,000万ドル
純資産増加45億ドル(『フォーブス2015年10月)[1]
政党共和党 (2012年~現在;2009年~2011年;1987年~1999年)[2]
過去の所属:
自由民主党(2011年~2012年)[2]
民主党 (2001年~2009年[2];1987年以前[3])
アメリカ改革党(1999年~2001年)[2]
宗教長老派教会
配偶者イヴァナ1977年 - 1992年
マーラ1993年 - 1999年
メラニア2005年 - 現在)
子供ドナルド・トランプ・ジュニア
イヴァンカ・トランプ
エリック・トランプ
ティファニー・トランプ
バロン・ウィリアム・トランプ
  • フレッド・トランプ
  • メアリー・アンネ・マクレオド・トランプ


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97
デュエットとは(Wikipedia)

_sl_f58ba247a2992b38304466a0d65f10560561fd76
デュエット(英語:duet [dju?et](デュエット))は、二重奏、あるいは二重唱のこと。二人の奏者が異なるパートを演奏することを指すこともあり、その曲(二重奏曲、二重唱曲)や実演者(二重奏団、二重唱団)もデュエットと呼ぶ。
「二重奏 (弦楽器)」および「二人組」も参照
通常は声楽的な意味で用いられ、特にポピュラーソングの分野における男女二重唱を指すことが一般的である。ちなみに同性による二重唱の場合はデュオ(duo)として区別されることが多い。
デュエットもデュオもギリシャ語で「2」 を表す数詞 δυο に由来する。


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%A5%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88



以下、Twitter民の反応




さっきのトランプ&ヒラリーのデュエットみたいなやつって、歌に拍手!的な雰囲気が演歌っぽいから、アメリカン演歌って勝手に名付けてるけど、日本の演歌よりアメリカン演歌の方が全然理解できるよなーっ!…なんて言ってる俺は非国民扱いなんでしょうね。

トランプ氏とヒラリー・クリントン氏のデュエットにしか見えない画像を見て、真っ先にサイゴンの「世界が終わる夜のように」が思いついたので、イイ感じにサイゴン脳になっています。

@asaasa0218 野生のKSRP師が作成したそうです。トランプとヒラリーの討論会がデュエットにしか見えないとのことで、下に歌詞ふると…
本当にそうとしか見えませんね。笑

@koikeya_cp ふふふ
では、(例のヒラリー&トランプ)デュエットで♪

この間のヒラリー&トランプのデュエット、どういう構図が与えられると特徴として議論がカラオケとして認識されるのか検討中。
マイクはカラオケ及び議論において使用されるかなりコアでユニークなモジュールとして認識されるように思える。
そして口元が動くというアニメーションは喋るを連想…

トランプ氏とヒラリーの、デュエット大喜利が流行ってるの?

元々そういう仲だったというのを差し引いても、舞台を降りたらヒラリーとトランプはそれこそ本当にデュエット歌うくらいしてそうなところがある。

ヒラリーとトランプがデュエットしてる様にしか見えないやつめっちゃ好きw
なんでも楽しむ意識大事w

ヒラリーとトランプのデュエットのパロディ動画 クオリティ高い

トランプとヒラリーのデュエット写真、デュエット曲ならなんでも使えて汎用性高い。だからみんなやりたい放題なんだね(*´ー`*)

ヒラリーとトランプのデュエット動画画像大好きなんでもっとください

この頃トランプとヒラリーのデュエットネタしかリツートしてない

トランプとヒラリーのデュエット画像ガイジンもたくさん作ってるの見るけどほんと流行りすぎ

ヒラリーとトランプのデュエット、めちゃわらえるwww

日本以外の海外アカウントのひとからも「トランプ&ヒラリー」デュエットネタ流れてくる(・。・)全世界的共通ネタなんだね。

昨日見かけたヒラリーとトランプのテレビ討論の写真がデュエットしてるみたいっていうの見て以降実はすごく仲良しな二人に見える

そういえば、ヒラリー女史とトランプ氏がデュエットしたように編集された動画、ヒラリーさんがすごいいい声になってたあの曲は誰の曲なのか…。あの女性ヴォーカル好みです。

ヒラリーとトランプの第二回ディベート、日本でもアメリカでもデュエットネタでいじられてんの本当好き。

トランプとヒラリーのデュエット動画、よく出来てるよなー。

トランプ氏とヒラリー氏がデュエットしちょるー

ヒラリーとトランプのデュエット動画がとくダネで紹介されてる
バカなの?ほかにやることあんだろ

討論会が罵り合いになる前にトランプとヒラリーがデュエットでgood timeとか歌ってほしい

トランプとヒラリーの討論会がカラオケでデュエットしてるようにしか見えないアレ、そのうち安倍さんと蓮舫で再現されるような気がしてる。

ヒラリーとトランプを仲良しデュエットにしたくなる各位、それが少年漫画で敵対する男同士をホ○にしたくなる腐女子の心理です

世の中と接してる情報の窓口が、TwitterとYahoo!ニュースだけだから、
昨日の野球の結果よりも、新生姜の方が話題だし、
アメリカとヒラリーとトランプも、討論したんじゃなくて、デュエットした印象の方が強い。

トランプとヒラリーのデュエットうける

ヒラリーとトランプのデュエット画像ほんと好き

ヒラリーとトランプのデュエットネタだけで数時間過ごせた。面白いし

ヒラリーとトランプがデュエットに見えるの、別に日本人だけじゃないのだな。

ヒラリーとトランプのデュエットネタくっそツボなんやが

トランプとヒラリーの討論会のバックにコラで
演奏陣置いたらマジでデュエットにしか見えない

トランプさんとヒラリーさんの討論会画像がデュエットしてるようにしか見えないやつ、「いやいや、この2人なら3年目の浮気やろー」って思って探してみたら同じこと考えとる人おった(笑)

ヒラリーさんとトランプさんの討論がカラオケデュエットみたいだ、ってコラされてるのが「男と女のラブゲーム」で、そういや最近デュエットソング無いよなって。「木枯らしセンチメント」くらい?

ヤバい トランプとヒラリーの討論会がデュエットしてるようにしか見えなくてじわじわくる╭⁽˙͡˙̮ ⁾╮

ヒラリーとトランプデュエット中に見える画像最高だな、もう今日会ったこととかどーでもいいくらい笑える

@beeeecha たしかに。カラオケデュエット定番曲シリーズとしていくらでも作れそうです(^▽^)ヒラリーのポーズは氷室さんチックというのは気づきませんでした。トランプにはぜひとも小指をたてて欲しかったところです(^m^)

トランプとヒラリーの画が「男と女のラブゲーム」デュエットに見えるってやつ、歌詞的にもリンクさせるとなかなか味わい深いw

討論会のヒラリーとトランプが、デュエットしてるみたいに見える画像がTLに多く流れてきて、昔テレ東のものまね番組で宇野総理と土井たか子のそっくりさんがデュエットしていたのを、思い出した。(当時土井が宇野の女性問題を追及)

討論会でトランプとヒラリーがマイクをもって向かい合う写真を「2人でデュエットしているみたいだ」とコメントしてるtweetを見かけたが、いまのトレンドで言ったらふつうは「ラップバトル」とかを持ち出しがちなところを「デュエット」なので逆に新鮮に感じた。

ヒラリーとトランプのデュエットがキャズムを超えた

ヒラリー&トランプのデュエット大喜利www

矢鱈回ってきた「ヒラリーvsトランプがデュエットに見える」画像ネタ。
其れを見て今日Zoikhemが考えた事は
「別れても好きな人」
は健脚過ぎって事でした。雨の中、しかも飲みながら。ご苦労な事です。

ヒラリーとトランプにムード歌謡デュエットの歌詞かぶせたツイートきょうだけで108万回みた。

トランプとヒラリーのデュエットもうええんちゃう('A`)

テレビ討論してるトランプとヒラリーの写真が完全にデュエット

ヒラリーとトランプのデュエットネタ、大体みんな、三年目の浮気とカナダからの手紙出してくるの可笑しすぎた

ヒラリーとトランプのデュエットは「三年目の浮気ぐらい大目に見てよ♪」だなと思ったら同内容のレスは既にけっこうありました ね〜

トランプ&ヒラリーがデュエットっぽいと散々ネタにされてるけど、

"歌〜奏でるよ〜サクシロフォン〜♪"

"言ってほし〜い♪"

とか、私も頭でミュー曲が
再生され始めたからな〜アレ見てw

ヒラリーとトランプが男女のデュエットにしか見えないというネタ、テレビ討論の構図が「男女デュエット」になったのははじめてなんだということにも思いをいたしたい。

「ヒラリーとトランプの討論がデュエットに見える」ネタまわってきすぎだぞ、最初は面白かったけど