CiBEbtZUYAIjFBr



「サマーレッスン:宮本ひかり セブンデイズルーム(基本ゲームパック)」TGS2016PV

[PSVR]サマーレッスン:宮本ひかり_プレイ動画1

VR技術デモ「サマーレッスン」 東京ゲームショウ2015プレイアブル出展PV
サマーレッスンとは(Wikipedia)

9087d20cf18982f090c5e0ede98fdb51
『サマーレッスン』(SUMMER LESSON)は、バンダイナムコスタジオの鉄拳プロジェクトが開発したPlayStation VR専用ソフト。PSVR本体と同じく2016年10月13日にバンダイナムコエンターテインメントより発売された。ダウンロード専売タイトルでPlayStation Storeにて配信される。

概要
夏休み中の少女の家庭教師となりコミュニケーションを取る「VRキャラクターコミュニケーション」という新しいジャンルのコンピュータゲーム。デュアルショックのような従来のゲームコントローラーの類は使用せず、ヘッドマウントディスプレイであるPSVRを装着したプレイヤーの視線や、うなずく、首を横に振る、といった動作で操作を行う。
開発チームのリーダーの原田勝弘は開発理由を「バーチャルリアリティ技術の一般化」としており、誰からでも分かりやすいキーワードで伝わるもの、大きなニュースになるものを作りたかったとしている[1]。
TGS 2015メディアアワードにて4Gamer ルーキー部門の優秀賞を受賞。4Gamer.netの荒井陽介は「今までのゲームの臨場感とは全く違うリアルさでVRというゲームの全く新しい可能性を分かりやすく表現してくれた」と評している[2]。

登場人物
主人公
プレイヤーキャラクター。宮本ひかりの元に家庭教師で派遣される。ゲームは全て主人公の主観視点で進行する。
宮本ひかり(みやもとひかり)
基本ゲームパック『宮本ひかり セブンデイズルーム』に登場。黒髪でポニーテイルにピンクのリボンをした少女。成績が悪く、夏休み明けのテストに向けて主人公に家庭教師してもらうことになる。
スタッフ[ソースを編集]
プロデューサー - 原田勝弘
ディレクター - 玉置絢[7]
リードプログラマー - 山本治由
アートディレクター - 吉江秀郎
リードアニメーター - 森本直彦
SUMMER LESSON
サマーレッスン
ジャンルVRキャラクターコミュニケーション
対応機種PlayStation 4
開発元バンダイナムコスタジオ
発売元バンダイナムコエンターテインメント
プロデューサー原田勝弘
ディレクター玉置絢
人数1人
メディアダウンロード
発売日2016年10月13日
対象年齢CEROB(12才以上対象)
デバイスPlayStation VR専用
エンジンアンリアルエンジン4


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B9%E3%83%B3
PlayStation VRとは(Wikipedia)

20160201230731
PlayStation VR(プレイステーション ヴィーアール[2])は、ソニー・インタラクティブエンタテインメント (SIE) が2016年10月13日に発売したPlayStation 4用仮想現実 (VR) ヘッドセット(ヘッドマウントディスプレイ)。略称はPSVR。
2015年のGame Developers Conference(GDC)にて試作機が披露され、仕様は有機EL (OLED) 1920×1080ディスプレイ(左右それぞれの目に960×1080、ピクセルアスペクト比 2:1)、RGB部分画素配列で、コンテンツを120fpsで表示することができる[1]。2016年のGDCで、全世界(日・欧・北米)の発売予定時期が2016年10月であると発表された。

発表
PSVRは「プロジェクト・モーフィアス」として、2014年のGDCで初めて発表された。SCEワールドワイド・スタジオ代表取締役会長の吉田修平が2014年3月18日に披露し、プロジェクト・モーフィアスを「PlayStationによる次世代イノベーションで未来のゲームの最先端になる」と述べた[5]。

対応ソフト
(発売順、†印のタイトルは、アップデートにより対応)

発売日タイトル発売元備考
2016年3月24日デッド オア アライブ エクストリーム3 フォーチュンコーエーテクモゲームス
2016年8月25日初音ミク -Project DIVA- X HDセガゲームス
2016年10月13日PlayStation VR WORLDSSIE
2016年10月13日RIGS: Machine Combat LeagueSIE
2016年10月13日ライズ オブ ザ トゥームレイダースクウェア・エニックス
2016年11月17日DRIVECLUB VRSIE
2016年11月29日ファイナルファンタジーXVスクウェア・エニックス
2017年1月26日バイオハザード7 レジデント イービルカプコン

配信専用タイトル

発売日タイトル発売元備考
2014年12月11日JOYSOUND VRエクシング
2016年8月16日バウンド:王国の欠片SIE
2016年10月13日THE PLAYROOM VRSIE
2016年10月13日Until Dawn: Rush of BloodSIE
2016年10月13日初音ミク VRフューチャーライブセガゲームス
2016年10月13日アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューションバンダイナムコエンターテインメント
2016年10月13日サマーレッスンバンダイナムコエンターテインメント
2016年10月13日KITCHENカプコン
2016年10月13日サイバーダンガンロンパVR 学級裁判スパイク・チュンソフト
2016年10月13日THUMPER リズム・バイオレンスゲームDrool
2016年10月13日バットマン:アーカム VRワーナー・ブラザース
2016年10月13日Rez Infiniteエンハンス・ゲームズ
2016年10月13日Battle zoneRebellion
2016年10月13日Catlateral Damage にゃんこラテラルダメージFire Hose Games
2016年11月3日東方紅舞闘Vメディアスケープ
2016年11月9日イーグルフライトユービーアイソフト
2016年11月17日つみきBLOQ VRSIE
2016年12月22日ローラーコースタードリームズびんぼうソフト

システムソフトウェア
PSVRにもPS4本体と同様にシステムソフトウェアが存在する[10]。
2014年のGame Developers Conferenceでプロジェクト・モーフィアスをデモンストレーションする男性。
種類ヘッドマウントディスプレイ
メーカーソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)
プラットフォームPlayStation 4
ディスプレイパネルOLED[1]
画角100°
解像度1920×1080(それぞれの目に960×1080)[1]
リフレッシュレート120 Hz
発売時期アメリカ合衆国の旗欧州連合の旗日本の旗 2016年10月13日


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/PlayStation_VR
東京エンカウントとは(Wikipedia)

maxresdefault
東京エンカウント(とうきょうエンカウント)は、アニメ専門チャンネル「アニメシアターX」(AT-X)で放送されたゲーム番組である。本頁ではその続編に当たる東京エンカウント弐(とうきょうエンカウントに)についても紹介する。

声優の杉田智和と中村悠一がMCを務めるAT-Xの自主制作番組で、マンションの一室のようなセットを舞台に、MCの二人が会話をしながらコンピューターゲームをプレイしていく。ゲーム業界を震撼させているらしい[1]。
取り上げられるゲームは、80年代から90年代にかけて発売されたゲームが多い。メジャーとは言い難いタイトル(特にネオジオのソフト)が多く、中村曰く「時代の主流になったハードが少ない」。
番組タイトルの題字は、杉田・中村の両人によって書かれたものを使用している。
開始から約3年にあたる2013年2月17日の放送回を以て一旦終了となった。最終回では、番組終了間際に中村の口から番組自体の終了が告げられた。また、その際に「充電期間」「いいネタが出たら番組はやる」と今後番組の復活を匂わせた。終了後は改めて第一章から再放送が行われた。後番組は同じくゲーム番組「ヘカトンケイルの選択」で、中村のみがこの番組に出演していた。
2014年1月に大東京エンカウント(だいとうきょうエンカウント)として、単発放送した。 そして、2014年5月4日より東京エンカウント弐として復活を果たした。なお「弐」の回数は第二十五章からと、東京エンカウント第1期からそのまま継続する形を採っている。
また「弐」からは正式なオープニングが付くようになった。
東京エンカウント
ジャンルゲーム番組
放送時間放送時間の項を参照(30分)
放送期間2010年5月2日 - 2013年2月17日
2014年5月4日 -(24回)
放送国日本の旗 日本
制作局アニメシアターX
出演者杉田智和中村悠一
外部リンク番組公式サイト

特記事項:
放送回数は第1期(特番含めず)の回数。


引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%88
杉田智和とは(Wikipedia)

ba745344
杉田 智和(すぎた ともかず、1980年10月11日 - )は、日本の男性声優、ナレーター、作家。
埼玉県出身。アトミックモンキー所属。
代表作に『METAL GEAR SOLID PEACE WALKER』(カズヒラ・ミラー)、『ジョジョの奇妙な冒険』(ジョセフ・ジョースター)、『涼宮ハルヒの憂鬱』(キョン)、『銀魂』(坂田銀時)[1]などがある。

高校在学中に、日本ナレーション演技研究所主催の声優スプリングスクールにて、ミューラス&アニメージュ賞を受賞し、ミューラスアクターズスクール(現在の日本ナレーション演技研究所ヴォーカル・ダンス部門)に入所すると同時に、芸能事務所「ミューラス」に所属。
すぎた ともかず
杉田 智和
プロフィール
愛称杉、お杉、トモちゃん、もんちゃん
性別男性
出生地日本の旗 日本埼玉県
生年月日1980年10月11日(35歳)
血液型B型
身長177.6cm
職業声優ナレーター作家
事務所アトミックモンキー
声優活動
活動期間1999年-
デビュー作魔装機神サイバスター(南光次)※アニメデビュー作
作家活動
活動期間2001年-
ジャンル作詞脚本、ゲーム制作


引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%89%E7%94%B0%E6%99%BA%E5%92%8C
ゴー杉田ゴー@sugitaLOV twitter

LragIlDh
Everyday、渦中者

甘々とサンダーボルト宙域
arcsystemworks.jp/getsueigakuen/
2010年3月に登録


 引用元:https://twitter.com/sugitalov?lang=ja
中村悠一とは(Wikipedia)

nakamura
中村 悠一(なかむら ゆういち、1980年2月20日[1] - )は、日本の男性声優、ナレーター。シグマ・セブン所属。
香川県木田郡庵治町(現・高松市)出身。身長175cm、血液型はB型。代表作は『ウルトラマンX』(ウルトラマンエックス)、『おおきく振りかぶって』(阿部隆也)、『CLANNAD』シリーズ(岡崎朋也)、『機動戦士ガンダム00』シリーズ(グラハム・エーカー)など[2]。)

活動の傾向
主に演じる役は10代の少年から20代の大人の男性。ナレーションの実績が豊富で、アニメなどでも多数の作品に出演するなど活躍している。
『うたの☆プリンスさまっ♪』の月宮林檎では女性的なキャラクターを演じた他、『最強銀河 究極ゼロ ?バトルスピリッツ?』ではバトルの際に6つの性格に切り替わる主人公を演じ分けている。
主演作やヒロインの相手役では、あまり素直でない天邪鬼な性格をしたキャラクターを演じる機会が多く、本人もそのような役が多いことを発言をしている[3]。
香川県の観光PRキャラクターである「うどん県観光課係長 うどん健」の声を担当。
なかむら ゆういち
中村悠一
プロフィール
愛称ゆうきゃん
性別男性
出生地日本の旗 日本香川県木田郡庵治町(現:高松市
生年月日1980年2月20日(36歳)
血液型B型
身長175 cm
職業声優ナレーター
事務所シグマ・セブン
活動
活動期間2001年 -
デビュー作グリフィオン、ライガオン
(『電脳冒険記ウェブダイバー』)


引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%9D%91%E6%82%A0%E4%B8%80
中村悠一@nakamuraFF11 twitter

4f48a47e0add935b7bbaea64a0b8f5b8
戦士不遇時代からのシルブレ天国

ラ・ロフ
2010年2月に登録


 引用元:https://twitter.com/nakamuraff11?lang=ja



以下、Twitter民の反応(記事内に画像・写真あり)




エンカウントで杉田氏がやってるの見てそんな気はしてたけどやっぱサマーレッスン神ゲーやないですか。モデルチェンジして値段と重さがもうちょい控えめになったらVR買わなあかんな。

VR杉田智和と中村悠一のいる部屋の壁になれるゲーム


杉田の虚空を見てると同じ理屈だな。VR通じて人の視界・視点がわかるのって面白いな。

春多さんがもしVR使ったら杉田じゃないけど普段の視線がバレる

VR、サイクロプス先輩とイキ杉田のせいで笑っちゃう

@tsurugi0519 VR面白そうだなぁエンカウントの杉田さんみたいなのが増えるんかな?

杉田のプレイしてた金髪美女のサマーレッスン発売したらPS VR検討する

しかしVR、東京エンカウントでの中村さんと杉田さんのきゃっきゃ加減からしてめちゃくちゃ面白いのは確かなんだよな。普段割とクールで淡々としてる2人があのはしゃぎっぷりだもんな。
うちらの世代だと小中時代にDSとかWii出た時以上の衝撃だもんね。みんなが夢見てた展開。

杉田さんは、エンカウントでは虚空を見てたけどwwww
VR発売記念にもう1度エンカウントでサマーレッスンやって欲しいwwRT

梶田さん、お誕生日おめでとうございます!これからも更なるご活躍を期待しています( ´∀`)
VRは杉田さんか中村さんにおねだりしたら、お兄さんたちが買ってくれるはずです。笑
#マフィア梶田


プレイステーションVR買ってサイクロップス杉田ごっこしたい

VR完全にアレだな
杉田大先輩も言ってたし
なんというか完全にサイクロ…いや

VRやってる人の動画とか画像見ると全部杉田智和に見える


リア友と杉田智和のせいでVRつけてる人がサイクロップス先輩にしか見えない

また、乙女ゲーとVRの相性がむっちゃいいんだわ……CV杉田智和の信長様といちゃついてきたけど信長様そっちのけで床とか天井とか見ててごめんって思った。

@yu1010na
同じくエンカウント見てから気になって気になってましたw
VR使って中村杉田の居るエンカウント部屋に行きたいです🗯🗯🗯

VRやってる杉田さんタイプで喋ってるかもしれない。何もない虚空を見ているというか人の先というか目線はずしてる感じ。
はじめましての人だと目と目を見て話すがとても難しいσ(^_^;
なので話題とか合っていて親しげに話して下さる方が居ると安心するというか嬉しいですね。

VRキャラと目を合わせられない杉田を見てからVRでもコミュニケーション能力の低さって突きつけられるんだな…ってイメージがこびりついてしまった

VR杉田智和にツッコミを入れていくVR中村悠一

@silvestoli 杉田のケースでVRだろうと女を直視できない人がいることが明らかになってしまった


VRみたら杉田智和がサイクロップス先輩言ってるの思い出す

いつかはでもVR買ってイキ杉田ホモ和ごっこしたい

(´・ω・`)杉田さんのVRめっちゃ笑う

杉田さんバカにしてたけど俺もVR美少女と喋る時はゲームと割り切って鼻ぶつかるまで近づいて顔とおっぱいガン見か明後日の方向見てました


中村さん…杉田さんとVR一緒に買いに行くのかなぁ?(*´ω`*)ニヤニヤ

VR杉田智和
・隣に視線を移すと中村悠一が座っている
・何かアクションを起こすと中村悠一がコメントをくれる

左には中村さん右には杉田さんの自分が間に挟まれるいわばゲスト状態でリアルにエンカウントできるVRソフト出ませんか

中村も杉田もVR買うだろうから、早く装着してTwitterに写真あげてください


わいもいつかVR杉田になるんや…

池袋の電気屋さんで
プレイステーションVRを買うための抽選会の列があって
そこに杉田中村いないかな〜〜〜いないね😉と思いつつその列を通りすぎた

話題のVRカノジョを見ていると、杉田智和氏がサマーレッスンで虚空を見つめた理由が実際解る

イキ杉田がVRで何もない虚空見て話してるの正直わかりすぎて笑えないんだよなあ

VR見るとイキ杉田思い出すから辛い。


声優の杉田がVRの体験するときに、女の子の方を見ずに少し目をそらしているのがバレる話好き。

中村くんがサマーレッスン…
杉田くんとやるのかな←

ゆうきゃんサマーレッスンやるのwww
杉田くんプレイしてたのおもしろかったなぁw

サマーレッスンはどうしても杉田さんしか出てこないw

もうあかん
サマーレッスンって言葉を聞くと杉田さんしか思い浮かばない…
おいどうしてくれんだよ、杉田さん!w

サマーレッスンあれだ!杉田さんが虚無見てたやつ!

サマーレッスンって検索したら結構上に杉田か出てきて草

東京エンカウントでのあの杉田の反応からサマーレッスンめちゃやってみたい

話題のVRカノジョを見ていると、杉田智和氏がサマーレッスンで虚空を見つめた理由が実際解る

杉田さんやっとサマーレッスンできますね