ボブ・ディラン氏、ノーベル賞の熱狂と距離

ボブ・ディラン氏、ノーベル賞の熱狂と距離
中高年のファンらでにぎわうボブ・ディラン氏のコンサート会場前(米ネバダ州ラスベガス)
 【ラスベガス=兼松雄一郎】ボブ・ディラン氏のノーベル賞受賞後初となるコンサートが終わった。受賞へのコメントは一切ない。同氏は受賞の喧騒(けんそう)から明らかに距離を置こうとしているように見えた。米誌ニューヨーカーが「受賞を祝おう。グロテスクなトランプ台頭に代わる明るい話題だ」との記事を出すなど、既に政治的な対立にも巻き込まれつつある。それに対し冷静に振る舞うことで米国における大統領選と音楽の蜜月関係にも一石を投じようとしているように見える。

 米西部ネバダ州ラスベガスで13日夜(現地時間)、ノーベル文学賞の受賞決定後初となるディラン氏のコンサートが開催された。開演前から多くのファンが詰めかけた。近郊から来た自営業のキース・スコット氏(59)は「1970年代からずっとファン。ノーベル賞は正当な評価だと思うよ」と笑顔をみせた。会場にはカジュアルな服装の50歳代以上とおぼしき落ち着いた白人夫婦が目立った。受賞を祝う横断幕などの浮かれたものは全くない。

 ディラン氏がステージに登場すると、観客は総立ちとなり、大歓声で迎えた。だが、同氏は受賞後のメッセージを待つかのような観客には目もくれずピアノ演奏に入った。

 「雨の日の女」、「くよくよするなよ」、「追憶のハイウエー61」、「It’s all over now baby blue」と代表曲が続く。「運命のひとひねり」でギターを持つと会場は一気に盛り上がった。

 コンサートは着席式で、スマホの使用も一切禁止という近年では珍しい厳格な会場運営。ノーベル賞受賞を受けてやって来た取材陣に対しても観客への取材は申請制にして規制するという過剰なまでの厳戒態勢だ。会場中に不自然なほど多くの係員が配置され、スマホを使っていないか監視している。

 ディラン氏は受賞後も一切コメントを出していない。コンサートではノーベル賞受賞の話題だけでなく、曲以外の会話そのものが一切なかった。ステージは暗くディラン氏の顔もかろうじて見える程度。声と曲が強調される「歌が全て」という演出だった。

 ステージでは、アンコールに応え代表曲「風に吹かれて」を演奏した後、最後はフランク・シナトラが歌って有名な「Why try to change me now(なぜ今僕の気持ちを変えようとするの?)」で締めた。世間から少し離れた自分の世界に入り「そっとしといて」と歌う曲だ。意味ありげな選曲だった。

 「詩人」と呼ばれるディラン氏はかすれた声で言葉を一つ一つ慎重に曲に乗せ、ほぼ全ての曲を独白するように歌い上げた。原曲に様々なアレンジが加わっており、ライブならではの楽しさがあふれる。それに独白調のボソボソとした歌唱が加わることで、かつてのような政治性やフォークの要素は驚くほど感じさせない。今のパフォーマンスはおそらく熱狂的なフォークファンなら物足りなさを感じるものだろう。

 日本ではロックフェスで政治的な言論活動をすることの是非が一時期ネットで盛り上がっていたが、米国では音楽ジャンルが歴史的に政治と密接に結びついており、そもそもそんなことは問題にならない。

 「共和党の候補者よ。おまえこそクビだ!」10月5日、サンフランシスコ近郊。米顧客情報管理(CRM)大手セールスフォース・ドットコムが主催するイベントでライブを開催したロックバンドU2のボノ氏はこう叫んだ。民主党の支持者が多い観客席からは大歓声が上がる。ステージの巨大画面には共和党のドナルド・トランプ候補が映し出されている。同氏をあおる激しい批判のメッセージが続く。

 ライブの後、民主党の熱烈な支持者として知られる主催者のセールスフォースのマーク・ベニオフ最高経営責任者(CEO)は「素晴らしいメッセージだった」と投稿した。U2のパフォーマンスは米国における重要な政治の道具としての音楽の姿を改めて印象づけた。

 この文脈で民主党、リベラル派が特に好んで使うのがフォークだ。ヒラリー・クリントン候補と民主党の指名を争ったバーニー・サンダース氏の集会で繰り返し使われていたのはフォーク色が強いサイモン・ガーファンクルの「アメリカ」やニール・ヤング氏の「ロッキン・イン・ザ・フリーワールド」などだ。

 一方、カントリーを好むのが共和党。米人気ポップ歌手テイラー・スウィフト氏はもともとカントリー歌手で、共和党支持者として知られる。共和党のブッシュ政権のイラク政策を批判した米カントリーバンド、ディクシー・チックスがファンから猛反発を浴び、謝罪に追い込まれたこともあった。これもファンに共和党支持者が多いためだ。

 また、二大政党ともに雰囲気を盛り上げるためにイベントでロックの曲を使うことも多い。だが、歴史的に選挙への曲の使用を巡ってはよくトラブルが起こっている。一般的にミュージシャン側はリベラルな傾向があり、民主党支持者が多いためだ。

 今回の大統領選では、トランプ候補がローリング・ストーンズ、エルトン・ジョン氏ら多くのミュージシャンから曲の使用で抗議を受けている。ストーンズは人種差別の厳しい環境の中から生まれてきたブルースの影響が濃い。エルトン・ジョン氏は両性愛者だと公言している。共和党の支持母体には人種や同性婚への差別是正に消極的な保守系団体も多い。どちらも政治性を意識してトランプ氏に限らず、曲の使用に反対した可能性は十分ある。

 かつてディラン氏はこの民主党色が強いフォークの象徴であり、音楽と政治の蜜月を体現した存在だった。共和党の支持層と重なる保守系団体を激しく批判したこともある。明らかに思想信条は民主党寄りで、オバマ政権誕生を歓迎するコメントを出し、2010年にはホワイトハウスに招かれコンサートに参加したこともある。

 ただ、その一方で「答えは風に吹かれている」と繰り返す代表曲「風に吹かれて」に象徴されるように、基本的には特定の思想信条や政党に深入りすることにはずっと懐疑的な立場を取り続けてきた一面もある。ディラン氏の音楽遍歴もそれを反映している。政治色の強いフォークを離れ、ロック、ブルース、ゴスペルなどが入り交じる音楽に、旧約聖書の詩篇、シェイクスピアなどエリザベス朝文学から影響を受けた抽象的なモチーフを乗せる独自の様式を築き上げてきた。

 ディラン氏のコンサート会場では曲や歌詞にうなずきながら座って音楽をじっくり楽しむ客が大半だ。全体的にジャズのコンサートに近いような落ち着いた雰囲気だ。熱狂から一定の距離をおくこと、冷静に考えること。そこには大統領選を控えた米国の国民にディラン氏が歌を通じて求めている姿が体現されているようにも見えた。


 引用元:http://style.nikkei.com/article/DGXLASFK14H3N_U6A011C1000000?channel=DF280120166618
ボブ・ディランとは(Wikipedia)

img_0
ボブ・ディラン(英語: Bob Dylan、1941年5月24日 - )は、アメリカのミュージシャン。出生名はロバート・アレン・ツィンマーマン(Robert Allen Zimmerman)だが[1][2][3]、後に自ら法律上の本名もボブ・ディランに改名している[4][5]。
「風に吹かれて」、「時代は変る」、「ミスター・タンブリン・マン」、「ライク・ア・ローリング・ストーン」、「見張塔からずっと」、「天国への扉」他多数の楽曲により、1962年のレコードデビュー以来半世紀以上にわたり多大なる影響を人々に与えてきた。現在でも、「ネヴァー・エンディング・ツアー」と呼ばれる年間100公演ほどのライブ活動を中心にして活躍している。

グラミー賞やアカデミー賞をはじめ数々の賞を受賞し、ロックの殿堂入りも果たしている。また長年の活動により、2012年に大統領自由勲章を受章している。そのほか、2008年には「卓越した詩の力による作詞がポピュラー・ミュージックとアメリカ文化に大きな影響与えた」としてピューリッツァー賞特別賞を、2016年に歌手としては初めてのノーベル文学賞を受賞した[6]。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第18位[7]、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第7位、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第2位、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のソングライター」において第1位を獲得している。
基本情報
出生名Robert Allen Zimmerman
別名ブラインド・ボーイ・グラント
ラッキー・ウィルベリー/ブー・ウィルベリー
ジャック・フロスト
生誕1941年5月24日(75歳)
出身地アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミネソタ州ダルース
学歴ミネソタ大学中退
ジャンルロック
フォークロック
フォーク
ブルース
カントリー
ゴスペル
職業ミュージシャン
シンガーソングライター
担当楽器ボーカル
ギター
ベース
ハーモニカ
キーボード
ピアノ
活動期間1959年 - 現在
レーベルコロムビア(ソニー)
アサイラム
共同作業者ザ・バンド
トラヴェリング・ウィルベリーズ
グレイトフル・デッド
トム・ペティ
ジョーン・バエズ


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%96%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%A9%E3%83%B3



以下、Twitter民の反応(記事内に画像・写真あり)




高校の現国の授業で「熱いには冷たい、温いなんて中途半端な言葉はダメだね」って言った教師に「八代亜紀は温めの燗がいいってうたってますけど💢」って返したあたしですが、あの先生今どうしてるかなtwitter.com/chaaka_jp/stat…B


このツイートにもなにかしらの賞を与えたくてたまらない。 twitter.com/chaaka_jp/stat…



文学的なものって、例えばジョン・レノンとか?ヘルマン・ヘッセとか?そもそも“文学的”という自体を定義付けることがくだらないじゃないかな。 twitter.com/chaaka_jp/stat…



文学とはなにか、それは読む本人によって規定されると思う。 twitter.com/chaaka_jp/stat…

わかるわかる。
高校生の時、アニメに関わる仕事がしたいと言ったら、鼻で笑った美術家教師。
今やジャパンアニメは世界で名高い芸術品。 twitter.com/chaaka_jp/stat…

その先生が「ノーベル文学賞という権威と文学そのものの価値は関係ない」と言い切ったらかっこいい気もする。 twitter.com/chaaka_jp/stat…

ノーベル賞とってから、「ほら、やっぱり自分が正しかった」というのはあまりにもボブ ディラン的でないのでは。好きなら好きだと主張し続ければいいんだ。他の誰が認めなくても。 twitter.com/chaaka_jp/stat…

日本の先生にありがちな俺はもう全部知ってる。俺が一番偉い。という生徒を見下した態度が招いた悲劇?喜劇? twitter.com/chaaka_jp/stat…

僕も学生時代「漫画家になる」と言ったら似たようなこと言われました。現在僕は漫画家となり、執筆活動と共にイタリアの専門学校で講師として漫画講義をしています。今はその人と会う術は無いですが言ってやりたい。「ねぇ今どんな気持ち?w」 twitter.com/chaaka_jp/stat…


むやみにバカにするもんじゃないよな…… / “chaakaさんのツイート: "今日だけこの嫌味を言わせてくださいw 中学のとき朝の読書の時間というのがあって、そのときにボブ・ディランの歌詞集を読んでいた僕に国語の先生が言った。 …” htn.to/CmRaVU

高校の英語の先生がサイモン&ガーファンクルの「Bridge over Troubled Water」を授業で扱う時「歌詞は大したことないけど」とわざわざ言ったのを思い出した。
先生、聞き取れなくても単語がわからなくても気持ちが伝わ… twitter.com/i/web/status/7…

学校の先生てそういう役割演じて金もらってんだから気にしなくて良いよ! twitter.com/chaaka_jp/stat…

これ、俺も経験したことある
(^ν^)
ザマーミロって思うよなぁ。 twitter.com/chaaka_jp/stat…

一寸哀しい事である。時に人は、反撥してゐた筈の人間の價値觀に、染まつてしまふ事がある。この言葉を發した時に、己が何時の間にか、反撥した教師と同程度の物差しで、物事を考へてゐる事を白状したのである。
twitter.com/chaaka_jp/stat…


だいたい学校の音楽の授業でやるとダサく感じるんですよね。桑田佳祐がリスペクトしてるって知ると途端にカッコよく感じてしまう(俺、サザンファン)。#ボブディラン #桑田佳祐 #ノーベル文学賞 #ノーベル賞 twitter.com/chaaka_jp/stat…

こういうくだらないことを言うくだらない「国語の先生」というのが、どれだけ国語嫌いを生んでいることか・・・こういう連中に楯を突くことから私の国語教師としての戦いは始まったのだと今さらながら、思う。 twitter.com/chaaka_jp/stat…


『The Time They Are A-Changin'』で「理解できないものを批判するな あなた達のやり方は既に古くなっている」という内容がある。本当にその通り! twitter.com/chaaka_jp/stat…



Bディランの♪how many~♪といふ歌、英語の授業で歌ってた。中1やったかな、懐かしい思い出(^_^) #ボブ・ディラン twitter.com/chaaka_jp/stat…

このツイートこそがくだらない。別にその先生は間違えとらん。ボブ・ディランも「くだらないもの」と言われて本望だろうよ。 twitter.com/chaaka_jp/stat…

高校の音楽で、作曲をやる。
悲しげな詞にワルツの曲をつけ、自信満々で提出。
教師「キミ、この詞に3拍子はダメだよ」
「えっ? 」
教師はピアノで弾く。
「う…うん、まあ、いいんじゃないかな」
私はそれ以来、教師を信用していない。
twitter.com/chaaka_jp/stat…

いつか、漫画からも ノーベル賞取る方がでて、「漫画を読むとばかになる」と言っていた親に嫌味を言えるようになって欲しい! twitter.com/chaaka_jp/stat…

そろそろ
「ゲームが文学賞受賞」が見えてきたなあ、と。 twitter.com/chaaka_jp/stat…




ボブディランがノーベル文学賞獲っても洋楽ファンは驚かないですよね、きっと 詩人なんやから当たり前的な twitter.com/chaaka_jp/stat…


学生の頃に、そんなおっさん聴いてるのと笑ってたクラスメイトいたわ。 twitter.com/chaaka_jp/stat…


音楽が大好きなわし的には、これはボブ・ディランのファンでなくても大変喜ばしい事だと思う。本のような形を持たない「音」というツールで言葉を発信して、人の心を動かしてきた人の功績が多くに認められたんだ。いつの時代のどこの誰かは分からな… twitter.com/i/web/status/7…

ダンテの『神曲』をコッソリ読んでたのを見つかって「そんなくだらないものを読むんじゃない!ちゃんとした(ラテン語の)本を読みなさい。」と怒られたって云う人の話を思い出した。
そのうちボブ・ディランの歌詞を嫌がる生徒に無理やり読ませる… twitter.com/i/web/status/7…


そのうちボブ・ディランが教科書に出てきたりするのかしら。中学の英語の教科書にビートルズが出てきたちょうどそのタイミングでボール・マッカートニーが大麻所持で捕まったことがあったっけ。 / “chaakaさんのツイート: "今日だけ…” htn.to/mahbgb

既に小説よりもマンガやブログ,SNSの方が,そしてテレビよりもYouTubeの方が,より人生を豊かにしたりしますからね!!ww twitter.com/chaaka_jp/stat…

そんな先生ならノーベル文学賞自体がくだらんと一蹴してそう(白目
twitter.com/chaaka_jp/stat…

俺だったら親父の蔵書
雷撃機出撃とか四式戦疾風持ち込んで、左巻きの教師に呼び出しくらいそう twitter.com/chaaka_jp/stat…

本当に素晴らしいものはくだらないものからしかできないような気がする。なので私はくだらないものが大好きです。 twitter.com/chaaka_jp/stat…

結局凝り固まった考えというのは必ず正しいとは言いきれないということだよね。 twitter.com/chaaka_jp/stat…

私の大好きだった中学時代の国語の山極先生は、ボブディランの詩が大好きだった。山極先生、ちゃんと見抜いてたんだなぁ さすが! twitter.com/chaaka_jp/stat…


私は川端康成も大江健三郎もあんまり好きじゃなくて、小松左京の方が偉大だと思っている。 twitter.com/chaaka_jp/stat…