山で不明13日ぶり救助 53歳男性、わき水飲み 奈良

20161022-00000065-mai-000-5-view
奈良県天川村の弥山(みせん)(1895メートル)に登山に入った島根県土木部長、冨樫篤英さん(53)=松江市内中原町=が今月9日朝から行方不明になり、22日正午ごろ、弥山山頂から北西約4キロの栃尾辻近くの登山道にいるところを13日ぶりに登山者の男性(48)が発見した。冨樫さんは奈良県のヘリコプターで病院に搬送され、衰弱しており、腰などの骨を折っていた。奈良県警吉野署によると、冨樫さんは「わき水を飲んで過ごし、滑落した(崖の)下からはい上がってきた」などと話しているという。

 吉野署によると、発見した登山者の男性が声を掛けると、冨樫さんは「2週間ほど遭難していた。たった今、下からはいあがってきた」と話し、男性が持っていたおにぎり2個を手渡すと食べたという。冨樫さんは9日に滑落し、2日ほど体が痛くて動けず、3日目に近くにあったわき水を初めて飲んだ。21日になり痛みが和らぎ、天気もよくなったので、山を登り始めたという。ヘリで救助に当たった県防災航空隊によると、冨樫さんは「2週間ほど何も食べていない」と話したという。

 冨樫さんは8日に天川村の登山口から単独で入山したとみられ、9日朝に山頂近くの弥山小屋を出発後、連絡が取れなくなった。家族が11日に奈良県警に届け出て、吉野署などが捜索していた。

 島根県によると、冨樫部長は登山が趣味で、県庁でも山登りの写真を部下に見せたりしていたという。冨樫部長は国土交通省から出向し、2013年に県土木部次長、14年に県土木部長に就任した。【日向梓、栗栖健、根岸愛美】


 引用元:http://mainichi.jp/articles/20161023/k00/00m/040/054000c
弥山 (広島県)とは(Wikipedia)

misen_p01
弥山(みせん)は広島県廿日市市宮島町の宮島(厳島)の中央部にある標高535 mの山。古くからの信仰の対象になっている。

概要
山頂には2013年に建て替えられた展望台「宮島弥山展望休憩所」がある[1]。伊藤博文は「日本三景の一の真価は頂上の眺めにあり」と絶賛した[2]。
周辺海域(瀬戸内海)および島全体として、瀬戸内海国立公園内に位置しており、弥山の山麓は、ユネスコの世界遺産「厳島神社」の登録区域の一部となっている。
北側斜面には、国の天然記念物となっている「瀰山原始林」が存在し、暖温帯性針葉樹のモミと南方系高山植物ミミズバイの同居やヤグルマの群落など、特異な植物・植生の分布が見られる。登山中には鹿に出会うこともある。
標高535 m
所在地日本の旗 日本 広島県廿日市市宮島町
位置北緯34度16分47秒
東経132度19分11秒
座標北緯34度16分47秒 東経132度19分11秒
山系(独立峰)
種類火成岩


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%A5%E5%B1%B1_(%E5%BA%83%E5%B3%B6%E7%9C%8C)



以下、Twitter民の反応(記事内に画像・写真あり)




今日の朝のニュースで13日間山で遭難してた人が、わき水だけで耐え忍んでたのを見て凄いと思ったし、助かって本当よかったと思った

@1uc1e 弥山て名前は仏教から由来してるから彼方此方あるもんね、今年大峰遭難多発してるから なんかあるな〜

13日間、八経弥山で遭難してた人の遭難現場は栃尾辻の手前の登山道らしく、何度も歩いたことあるけど、決して道迷いして遭難するようなとこじゃない。ただ道が細くサイドはかなり落ちてるとこがあって、たぶん下山中疲れがあって踏み外して転がり落ちたんやろうなということが想像出来る。

おはようございます。神戸、六甲山は曇りです。
大峰山系弥山で滑落遭難した冨樫さん、13日間、怪我をしながら水だけでよく生き延びた。20日に捜索打切り後だけに発見され良かった。動かないで良かったと報道されているが、ご本人が登山道まで這い上がった事がよかった。よく頑張ったものだ。

しかし、弥山から栃尾辻、地図で確認しても登山道を外れてなかなかたどり着けそうにない。2重3重の判断ミスがあったんだろう。
遭難は下山時に枝尾根に入り込むことで生じることが多いが、
なんとかなるだろうと思わずに間違ったらすぐに元に登り返す、これが鉄則だ。

弥山の遭難者は13日目にして救助されたとのこと。
場所は栃尾辻。肋骨を折って湧き水でしのいだそうだ。
動き回っていたら13日は持たないだろうから、怪我の回復をじっと待ってたのかな。
雨の日もあったろうし、かなりタフな人だ。

弥山で遭難された方は栃尾辻で見つかったとの事。滑落し腰を骨折されたが、湧き水を飲み、痛みが少しましになったので何とか滑落した崖の下から這い上がったと。先達もしている主人の話では たぶん弥山総門の滝コースを降りようとされたのかもと。もしそうなら地図アプリの危険性からかもしれないと。

遭難した方の行動が良かったからかもしれないけど2週間水だけで生けていけるってやっぱり人の体はすごい...
でも弥山って今年の夏に登ったばっかりだけど崖なんかあったかな?
道に迷った時、ちゃんと戻れるよう自分も読図技術を磨かねば。

弥山で遭難した人、崖をよじ登ったところ発見されて13日ぶりに救助されたって。すごい

八経ヶ岳、弥山で昨日テン泊。今日無事に下山。今日お昼頃に二週間遭難してた人が無事に見つかり良かった。それにしても遭難してる人が近くにいたとは山は危険なもの。それでも登山するのは素敵な何かがあります。

奈良の山で遭難してた人、弥山で迷ったのか
地図持ってなかったのかな
今の時期、落葉で登山道わかりずらくなると思うよあの辺は


遭難の島根県土木部長を発見=13日ぶり、命別条なし-奈良・弥山<内容>奈良県の栃尾辻と、自力で見つかった島根県土木部長の栃尾辻という。同署に1人で入山したと呼ばれ(゚д゚)

奈良で遭難!?見つかってよかった…弥山…?!

奈良県・弥山で遭難したとみられる島根県・土木部長の捜索状況について、今日は各メディアから何の発表もない。 #shimane

【水の備え】セコム広報です。22日正午頃、奈良県弥山の登山道で、登山に入り9日朝から行方不明の男性53歳が13日ぶり発見。腰骨折り衰弱しているが命に別状なし。2週間何も食べておらずわき水で過ごしたそうです。命を守るためにいかに水が重要かの証し。災害時用防災用品は必ず水のご用意を。

おはようございます。弥山で行方不明になっていた方、無事救助されたようですね。ほっとしました。再来週は天川村に紅葉見に行きます。

弥山で行方不明だった人、13日間何も食べずに弱りきってるはずなのに崖の下から這い上がったってすごすぎない……!

弥山で登山中行方不明になっていた男性、13日ぶりに救助される。
命に別状なし..よかった!
崖下から自力で這い上がり、別の登山客に助けを求めたそうです。
この冷え込み、一週間も食べていない中の生還はまさに奇跡。ご無事でよかった!



ほんまこのバイタリティ凄いと思う すげー

goo.gl/hB4etn


山で不明:13日ぶり救助 53歳男性、わき水飲み 奈良 a.msn.com/01/ja-jp/AAjgl…
R25を一旦下りると奥深い山の中

- 毎日新聞
冨樫さんは9日に滑落し、2日ほど体が痛くて動けず、3日目に近くにあったわき水を初めて飲んだ。21日になり痛みが和らぎ、天気もよくなったので、山を登り始めたという。

- 毎日新聞

発見した男性が自分のおにぎりをあげた、っていうところに感動してしまった。

#SmartNews
良かった。冷静な判断力、何より生存能力が高い人なんだなと。